TOP トップページ > COMPANY CONCEPT コンセプト
 
■ We create the safety world. 安全の世界を創造します。

50年以上に渡って継承され続ける、着る人の身になった『安全・快適追求』主義。
KUSHITANIがレーシングスーツを創る切っ掛けになったのは、ある二輪メーカーからの強いラブコールであった。それまで、高品質な革製品を造り、高い評価を得ていた。KUSHITANI特有の厚く、軽く、やわらかく、丈夫なレザー、最新のテクノロジーのプロテクションと着る人のみになった職人気質と丁寧な仕上がりが、二輪メーカーに、そしてライダーに認められ、現在の二輪用品メーカーとして歩むことになった。以後、「着易く、安全性に優れている」「要望通りのスーツを造ってくれる」などの定評ができ、KUSHITANIのハイクオリティブランドが確立された。それは国内外の多くの二輪メーカーやGPライダーがKUSHITANIのクラフトマンシップに賛同し、着続けていることからも解る。

 創業以来、KUSHITANIが守り続けていること、それは常にオピニオンリーダーであること。独創性を富むこと。そして最高のマテリアルを最適な仕様で採用すること。最高のテクノロジーを注ぎ込むこと。最高の職人気質の情熱を込めて最高のレザースーツをサーキットに送り出すこと。”そこには速く走るためのライダーの身体を守る” ということが大前提にある。
 
Hisashi Kushitani櫛谷 久(Hisashi Kushitani) トライアルのライダーであった櫛谷が当時、KUSHITANIの製品を愛してやまなかったライダーの一人であることは確かである。ライダーの気持ちになって企画開発から営業、広報にいたるまで幅広くこなしていた櫛谷はとにかくしびれるような製品を造り続け、多くのレーシングスーツやバイク用品にそのスパイスを入れてきた。KUSHITANIの製品が運動性・安全性・機能性をもったハイクオリティでなければならないこと、その原点は櫛谷のライダーとしての切なる思いなのである。(photo:Hisashi Kushitani 2006)



ライダーのアンサーを次々に具現化すること、これが私たちのKUSHITANIの仕事である。しかし、革新的なプロダクツの多くは、櫛谷を含めその携わった開発者が表舞台にたつことはなかった。『パンチンメッシュ』、『ピュアプリント法』、『Xパターン』、『ZYLONニット』、『Kフォーム』、『プロトコアレザー』、『Kフォームプラス』・・・・・これからも彼らの固有名詞が技術ネーミングになることはないだろう。なぜなら一人でも多くのライダーに満足してもらうことがKUSHITANIの喜びであり、その喜びが次のテクノロジーを生むことを知っているからである。KUSHITANIの企画開発(プランニング&デベロップメント)はKUSHITANIスタッフを中心に、二輪メーカーのGPテストライダーやmotogpライダーも共同で数十名以上のスタッフがその研究と開発に携わっている。
 
 
 

こだわりの革
徹底した縫製
3Dパターン
裁断の技術
靴
修理
第7話開発
第8話完璧

バイク用品のクシタニ
 Copyright © 2015 Kushitani Interactive. All rights reserved.
| サイトマップ | | プライバシーポリシー |