水野涼 選手(MuSASHi RT HARC-PRO.Honda)8耐を振り返る

  1. ロードレース

水野涼 選手(MuSASHi RT HARC-PRO.Honda)

2018年から全日本JSB1000クラスにステップアップした水野選手。

2017年まで同チームのエースライダーを務めていた高橋巧選手がホンダのファクトリーチーム、TeamHRCへ移籍したことにともない、若干20歳にして MuSASHi RT HARC-PRO.Hondaのエースライダーとなりました。
水野選手がクシタニのレーシングスーツに袖を通したのは、ハルク・プロに所属するようになってから。以来、クシタニのレーシングスーツを着て戦い続けています。
「クシタニのレーシングスーツはプロテクターをあまりつけず、革の厚みで衝撃を逃がしています。がっちりとプラスチックが入っていませんから、動きやすいんです」
動きやすいというのは、バイクを操作する上で動きの邪魔にならないということ。ハイスピードで緻密な体のコントロールが要求されるレースにあって、重要な要素なのでしょう。
「(鈴鹿8耐のような暑さという状況で比較すると)レーシングスーツメーカーによる大きな違いは、あまりないかもしれません。でも、とにかく走行時の動きやすさがある。そこがクシタニの一番のメリットですね」
最後に、クシタニのレーシングスーツについて「格好いいですよね」と、はにかんで表現した水野選手。安全性と操作性に加えてスタイルを含めて、クシタニのレーシングスーツの魅力を語りました。

MuSASHi RT HARC-PRO.Honda 2018年鈴鹿8耐リザルト 全日本と同じくMuSASHi RT HARC-PRO.Hondaから参戦し、ドミニク・エガータ選手とランディ・ド・プニエ選手とともに挑んだ水野選手。1スティント目を担当したド・プニエ選手が転倒したものの、追い上げのレースを展開します。しかしレース中盤、水野選手も転倒を喫して腕を負傷。残念ながらリタイアでレースを終えました。

ハルクプロとはどんなチーム?
1984年のレース参戦以来、全日本ロードレース選手権年間チャンピオン獲得12回、鈴鹿8時間耐久ロードレース表彰台登壇率5割を超えるモンスターレーシングチーム
若手育成から日本人ライダーの世界選への架け橋となっている日本屈指のレーシングチームです。クシタニはハルクプロを応援しています。

関連記事