ツインリンクもてぎ史上最多の観客を集め盛り上がったMotoGP™日本グランプリ

  1. クシタニの製品は
  2. 80 view

2018年のMotoGP™日本グランプリは、マルク・マルケスがチャンピオンを決めて盛り上がりましたね。金曜日こそ雨が降りましたが、土曜日、そしてレースが行われた日曜日は雲一つ無い秋晴れに恵まれ、多くのレースファンがツインリンクもてぎに訪れました。その数は、金曜日が12,363人、土曜日が28,837人、日曜日が55,225人、合計96.425人と1999年にツインリンクもてぎで、世界グランプリが開催されるようになってから最多を記録。MotoGP™が開催されている中では、相変わらず少ない方ですが、それでも今年は、サーキットの至る所に、多くのお客さんが思い思いのスタイルで観戦していました。バイクで訪れる方も多く、クシタニのウエアを着てくださっている方もいらっしゃいました。

どのクラスも世界最高峰の名にふさわしいハイレベルなレースが繰り広げられました。ホスピタリティやブース、イベントも数多く開催され、お客さんも満足したことでしょう。

関連記事