2018年ラストのKUSHITANI COFFEE BREAK MEETINGも大盛況。NEOPASA清水の来場者スナップを一挙公開

  1. カフェでひとやすみ
  2. 527 view

2018年最後のKUSHITANI COFFEE BREAK MEETING(以下、CBM)を、11月3日、NEOPASA清水で開催しました。今回はCBMの会場の様子や、ご来場いただいたお客さんをご紹介します。

その前に……。「CBMって何?」という方へ、少しばかり解説を。CBMとは、クシタニが全国各地で開催している“ちょっとしたライダーの集い”のためのイベントです。開催時間は朝の7時から正午くらいまで。会場ではクシタニのテントでコーヒーサービスを行っているほか、カタログの配布、スタンプを集めるとKUSHITANIオリジナルコーヒーカップがもらえるスタンプラリーを実施しています。

ツーリングの休憩がてら立ち寄ったり、ツーリングの集合場所にしたりと、楽しみ方は千差万別。たくさんのライダーが立ち寄り、集まりますから、バイクを眺めに来るだけでも楽しめる。そんな“ツーリングをもっと素敵に”するイベントです。

2018年最後のCBMも、たくさんのライダーで大盛況

11月3日のCBMは、朝から雲が広がり、かなり冷え込むなかでの開催となりました。途中には雨がぽつりぽつりと落ちてきては止む、不安定な気候。それでも、たくさんのライダーにご来場いただき、たくさんの方がコーヒーを片手にライダー同士の交流などを楽しんでいました。

では、ご来場いただいた一部のライダーの方をご紹介しましょう!


この日はSNSでの知り合い10名ほどとツーリングに行くとのことだった、れたた さん。ホンダのMAGNA乗り。CBMスタート後、まもなく来場していました。


朝ツーリングを楽しんでいたというモリタさん親子とコスギさん、サトウさん。モリタさんはお父さんと息子さんお二人でバイクを楽しまれているとのことで、素敵なご関係ですね。


BMW R1200GS乗りのミヤジマさん。東京からのソロツーリング中でした。今回クシタニのジャケットを着こんでいたミヤジマさん、リターンライダーだそうで、リターンしてからクシタニを選ぶようになったそう。「物がいいし、デザインも気に入っている」とのこと。


こちらは三重から来たというアンドウさん。コーヒーを受け取ったばかりのところをキャッチ。朝から厳しい冷え込みとなったこの日、多くのライダーがホットコーヒーで暖をとっていました。


朝霧高原にソロツーリングへ向かうというヤマハMT-09TRACER乗りのライダーさん。CBMには年に数回来ているとのこと。


だんなさんとツーリング中のアキヤマさん。「CBMは寄らないと!」とアツく語ってくれました。小柄な体格ながら、BMW F800GTに乗るバイタリティあふれる女性ライダー。「ウエアの安心はライディングの安心にもなります」という理由で、ライディングウエアにクシタニを選んでいるのだそう。


こちらのサイトウさんは愛知県豊橋からご来場。今年4回目のCBMとのこと。普段はホンダのFORZAに乗っているとのことですが、この日は車でいらっしゃったそうです。


静岡県焼津にあるバイクショップつながりのライダー仲間というみなさん。ドゥカティやBMW、ヤマハなど様々なバイクで集まっていました。なかには「30年以上クシタニを着ている」というライダーも!


カワサキ Z900RS乗りつながり、というマスダさん、イシバシさん、スギヤマさん、ナカヤマさん。ナカヤマさんはZ900RSに乗っていたところをサービスエリアでナンパされたのだそうです。この日はみなさん初めてのCBMで、「まずはここに集まって、そのあとについては相談中」でした。CBMがちょうどよい集合場所になったようです。


ハセさんご夫妻は日帰りツーリング中。CBMは場所によってスタート地点か中間地点に設定することがあるそうで、「ツーリングのいいきっかけになりますよね。バイクで走るのに背中を押してもらえるんです」と話してくれました。


カワサキ エストレヤ乗りのアシザワさん。CBMは5回目で、この日は富士からCBMにご来場でした。「下道でトコトコ入るのが好き」というアシザワさんはジャケットとグローブがクシタニ製。「デザインがバイクと合う」のだとか。


ドゥカティオーナーズクラブのみなさん。今回は「家が近い人」の集まり。CBMで集合し、このあとは「うなぎを食べに」ツーリングへ。


風間深志さんのツーリングイベント、サンライズ・サンセット・ツーリング・ラリー(SSTR)で知り合ったというスズキさん、イトウさん、カミジョウさん、ハラダさん。この日はラリー仲間4人で、CBMで待ち合わせしていました。仲のよい雰囲気が写真からも伝わってきますね。


愛知のツーリングクラブに所属するヒライさんは、この日は4名でツーリング中。いろいろなライダーと話せるのが、CBMでの楽しみの一つだそう。


キリヤマさんはCBMのスタンプラリーでもらえるマグカップ6個を獲得している常連さん。この日はBMW F800GSでソロツーリング中でした。


お父さんと息子さんでツーリング中のツボイさん親子。お二人ともホンダ CB1100乗りという仲のよさ。愛知県から今回のCBMまでやって来て、ここからのルートを検討中。CBMをひとまずの目的地として、ここからまたツーリングに行くようです。


スギヤマさんご夫妻は車で東京まで向かう途中。バイク乗りでもあるだんなさんは、この日もクシタニのウエアを着用していました。クシタニのウエアは「バイクを下りてもおしゃれ」とのこと。普段着使いもできる、クシタニのウエアならではの使い勝手のよさですね。


“KATANA会”のみなさん。日本初の単一オーナーズクラブで、メンバー数は850人にものぼるそうです。もちろんみなさん、スズキ カタナ乗り。クシタニ製のチームブルゾンを着込み、談笑中のところをキャッチ。


サカモトさんはツーリングからの帰宅前にCBMへ。実は深夜2時から走っていたという、とてもアクティブな女性ライダー。山梨県にあるほったらかし温泉に立ち寄ってから、ここCBMにやって来たそう。今回が初めてのCBMだったとのことですが、「カスタムバイクがたくさん見られて楽しいです」と終始笑顔でした。


CBMからキャンプに向かうところだったというナカムラさん、ホリグチさん、キミヅカさん。キミヅカさんはカブで千葉から東京湾をフェリーで渡り、ここからキャンプに行くという、なかなかの猛者。

今回はご紹介しきれませんでしたが、まだまだたくさんのライダーが来場し、コーヒーを片手にバイクを眺め、バイク談義に花を咲かせていました。

「バイクで走りたい、でも行き先がすぐに思いつかない……」。そんなときはこのCBMへ、まずは走り出してみませんか。2019年のCBMでも、みなさんのご来場をお待ちしています!

関連記事