MotoGP™第8戦エミリア・ロマーニャGP/Moto3™クラスの小椋選手が2位を獲得し、チャンピオンシップでトップから2ポイント差に接近

  1. ロードレース

9月20日、MotoGP™第8戦エミリア・ロマーニャGPの決勝レースが、イタリアのミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリで行われました。

■Moto3™クラス

第8戦エミリア・ロマーニャGPは、第7戦サンマリノGPに続き、ミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリでの2週連続の開催。Moto3™クラスでは、小椋藍選手(Honda Team Asia)は4列目11番グリッドからのスタートとなりました。決勝レース前に行われたウオームアップセッションで、14コーナーで転倒を喫するシーンもありましたが、小椋選手は無事に決勝レースのグリッドに並びました。この日はMoto2™クラス、MotoGP™クラスでもウォームアップセッションから転倒が相次いでいます。

11番グリッドからスタートした小椋選手は、1周目でポジションアップに成功。8番手から9番手付近に浮上します。その後、後続に飲み込まれ、13番手に後退するも、小椋選手は少しずつポジションを回復。23周で争われるレースの折り返しとなる12周目には、9番手にポジションを上げます。

残り5周を迎えて小椋選手は6番手につけていました。すぐ前方を走っていたダリン・ビンダー選手(CIP Green Power)がクラッシュして5番手に浮上すると、翌周には3番手にポジションアップ。レース終盤に強い小椋選手らしいレースを展開します。

残り3周で、チャンピオンシップを争うランキングトップのアルベルト・アレナス選手(Gaviota Aspar Team Moto3)に交わされたものの、3番手を奪還。しかし、その翌周には5番手に後退する激しい争いを展開します。

上位5名のライダーがワンパックとなり、激しい優勝、表彰台争いが展開される最終ラップ。トップ争いが混戦を見せる中で、小椋選手はその混戦をうまくかわすレース巧者ぶりを見せ、最終ラップの残り数コーナーで3番手に浮上します。そしてそのままポジションをキープして最終コーナーを立ち上がり、フィニッシュ。見事、3位表彰台を獲得しました。チャンピオンシップのランキングトップであるアレナス選手が4位でフィニッシュしたため、小椋選手はランキング2番手をキープすると同時に、ポイント差をわずか2ポイントに縮めました。

國井勇輝選手(Honda Team Asia)は26番グリッドからスタートすると、オープニングラップで2番手に浮上。以降は26番手から27番手付近を走行することになりました。國井選手は最終的に、25位でレースを終えました。

小椋藍 選手(Honda Team Asiaプレスリリースより)
「今日の結果は、我々のポテンシャル以上のものだったと思います。もちろん結果は嬉しいのですが、今週は自分にとって、とてもチャレンジングなレースとなりました。出だしが厳しく、FP3(フリー走行3回目)では大きく進歩できたのですが、QF2(予選Q2)でまた上手くまとめることができず、予選順位もかんばしいものではありませんでした。レースはタフで、ペースも速く、多くのライダー達がアグレッシブな走りをすることを改めて知りました。上位を維持することは容易ではありませんでした。いずれにしても、また表彰台に登ることができたことは良かったです。優勝する為にはもっと改善していく必要があります。まだまだ次の戦いが待ち受けています。気を引き締めて頑張ります」

2020年シーズン6度目の表彰台を獲得した小椋選手

國井勇輝 選手(Honda Team Asiaプレスリリースより)
「スタートからグループ内に留まれたのですが、彼らのペースについて行けませんでした。その中でミスを犯してしまい、グループから遅れてしまいました。その後は、単独で落ち着いて自分のペースで走りました。それにもかかわらず、昨日のFP3(フリー走行3回目)より1秒以上速く走れていました。レースでは、緊張してしまい、ミスを犯してしまっています。今日のレースは、自分としては先週よりも良かったので、それはポジティブなことです。次のレースはバルセロナで開催されます。良く知っていて好きなサーキットですので、頑張ります」

國井勇輝選手(Honda Team Asia)

國井選手は26番グリッドからスタートし、25位でフィニッシュ

■Moto2™クラス

Moto2™クラスは、ソムキアット・チャントラ選手(IDEMITSU Honda Team Asia)が26番グリッド、アンディ・ファリド・イズディハール選手(IDEMITSU Honda Team Asia)が28番グリッドからスタート。レース序盤はドライコンディションで行われていましたが、5周目あたりで雨粒が落ち始めたことを知らせるレッドクロスのフラッグが提示されます。ドライコンディションで始まったレースのため、ライダーはスリックタイヤを履いている状況。その後、7周目にレッドフラッグが提示され、レースは中断となりました。

その後、さらにレーススタートを見送る『スタートディレイ』となり、約20分の中断を経て、再びMoto2™ライダーたちがスターティンググリッドにつきました。天候は回復し、ドライコンディションでのレースとなりました。このグリッドは、6周目終了時点のポジションが反映されました。レース2のグリッドは、チャントラ選手は25番手、アンディ選手は26番手。レース2でチャントラ選手は、21位でフィニッシュ。アンディ選手は24位でチェッカーを受けました。

ソムキアット・チャントラ 選手(IDEMITSU Honda Team Asiaプレスリリースより)
「今朝のウォームアップには満足していましたし、去年のセットアップと今年のセットアップを比較し、良くなって来ていると思います。先週と比べてフィーリングも良くなり、レースを通してもコンスタントに走ることができましたが、まだ十分ではありません。ただ、一歩前進できたと思います。来週のバルセロナでのレースで改めて確認します」

ソムキアット・チャントラ選手(IDEMITSU Honda Team Asia)

天候による中断を経て、チャントラ選手は21位でレースを終えた

アンディ・ファリド・イズディハール 選手(IDEMITSU Honda Team Asiaプレスリリースより)
「昨日のFP3(フリー走行3回目)での転倒の後、良いフィーリングを戻せず苦労しました。赤旗中断されたあとのスタートでも、中断前の時と同じようにグループ内でレースをしようと思ったのですが、私のペースが、0.3~0.4秒遅くできませんでした。今日の結果は期待したほど良くありませんでしたが、レースの中で改善できたと感じました。次週バルセロナでのレースに向けて、引き続きしっかりと働きます」

アンディ・ファリド・イズディハール選手(IDEMITSU Honda Team Asia)

Moto2™クラスルーキーのアンディ選手は24位フィニッシュ

写真:Idemitsu Honda Team Asia / Honda Team Asia

関連記事