MotoGP™第15戦ポルトガルGP/最終戦8位フィニッシュの小椋藍選手、Moto3™クラスでランキング3位を獲得

  1. ロードレース

11月22日、MotoGP™の2020年シーズン最終戦、第15戦ポルトガルGPの決勝レースがアルガルベ・インターナショナル・サーキットで行われました。ポルトガルGPは2012年までエストリル・サーキットで開催されていましたが、アルガルベ・インターナショナル・サーキットではMotoGP™初開催。スーパーバイク世界選手権(SBK)が開催されているこのサーキットは、全体的に高低差が大きくブラインドコーナーがあり、難しいサーキットだと言われています。クシタニがサポートするIDEMITSU Honda Team Asia、Honda Team Asiaのライダーたちにとっては初めて経験するサーキットでもあり、挑戦のレースウイークとなりました。

■Moto3™クラス

小椋藍選手(Honda Team Asia)はチャンピオンシップでランキング2番手につけ、この最終戦を迎えました。ランキングトップのアルベルト・アレナス選手(Gaviota Aspar Team Moto3)との差は8ポイント。小椋選手は2021年シーズン、Moto2™クラスへの昇格が決まっており、この大会はタイトル獲得がかかる一戦であるとともに、Moto3™クラスでのラストレースとなりました。

小椋選手は予選で5番グリッドを獲得。対するアレナス選手は、小椋選手よりも1グリッド後方の6番グリッドにつけました。21周の決勝レースがスタートすると、序盤、小椋選手はアレナス選手、また、日本人ライダーの鈴木竜生選手(SIC58 Squadra Corse)や佐々木歩夢選手(Red Bull KTM Tech 3)を含む7人と2番手集団を形成し、激しいポジション争いを展開します。一方、トップを走るラウル・フェルナンデス選手(Red Bull KTM Ajo)は一人、後続を引き離していき、4周目には1秒以上の差を築いていました。

レース折り返しの11周目、小椋選手は8番手を走行、アレナス選手は3番手付近を走行していました。トップは依然としてフェルナンデス選手。2番手集団との間に8秒以上の差をつけており、すでに独走態勢を築いています。

次第に小椋選手を含む2番手集団に、後方の集団が追いつき、そのグループはさらに大きくなっていきました。残り6周を迎えるころ、ランキング3番手のアルボリーノ選手が追い上げて来ていました。アルボリーノ選手は27番手スタート。驚異の追い上げでこの集団に加わっていたのです。このころから、鈴木選手を含む5人のライダーが2番手を最上位とする集団として抜け出し始めました。小椋選手はアレナス選手、アルボリーノ選手とともに7番手を最上位とするその後方の集団に加わっています。

そして残り5周、アルボリーノ選手がアレナス選手のスリップストリームを使ってストレートで7番手に浮上。アレナス選手が8番手に後退します。小椋選手はこの周に10番手に浮上し、アレナス選手のすぐ背後につけると、その翌周、5コーナーからアレナス選手と接戦を繰り広げます。そしてついにアレナス選手をオーバーテイク。しかし再びアレナス選手がポジションを回復し、小椋選手は後退。まさにタイトルをかけたオーバーテイク合戦が展開されました。

一方、上位を走っていたハウメ・マシア選手(Leopard Racing)が残り4周で、鈴木選手が残り2周で転倒。最終ラップを迎えて小椋選手は5番手を最上位とする集団のなかで走行していました。チェッカーまで激しいポジション争いを展開した小椋選手。アレナス選手に先行し、8位でチェッカーを受けました。

小椋選手は最終的に通算170ポイントを獲得。5位フィニッシュでランキング2位となったアルボリーノ選手と同ポイントながら優勝回数により、ランキング3位獲得となりました。チャンピオン獲得こそなりませんでしたが、確かな強さと実力でMoto3™クラス2年目のシーズンを戦い抜きました。

アレナス選手は12位でのフィニッシュ。アルボリーノ選手に4ポイント差で、Moto3™クラスのチャンピオンを獲得しました。

國井勇輝選手(Honda Team Asia)は予選でQ2に進出し、15番グリッドからスタート。3周目には12番手を走行していました。しかしフリー走行2回目でのスロー走行に対し、決勝レース中のロングラップ・ペナルティ(※)が科され、このペナルティを消化したために後退。最終戦を22位でフィニッシュし、ランキングは27位でMoto3™クラスのルーキーイヤーを終えました。

2021年シーズン、小椋選手はMoto2™クラスにステップアップし、IDEMITSU Honda Team Asiaから参戦。國井選手は引き続き、Honda Team AsiaからMoto3™クラスに参戦します。

小椋藍 選手(Honda Team Asiaプレスリリースより)
「2020年、Moto3™クラスで起こった全てのことについて幸せでした。最後のレースまでタイトル争いができて良かったです。2019年は、いくつかのレースで良い結果を残せ、チャンピオンシップで10位を獲得出来ました。ルーキーシーズンとしては悪くなかったと思います。2020シーズンは、開幕前のへレス、カタールでのテストから完璧なスタートを切れました。初戦のカタールで表彰台に上がれたことで、タイトルについて考えるようになり、その瞬間、可能性があることを感じました。この1年を通じてチャンピオンシップを争えたことは良かったですが、最終的に重要なのは最後までベストを尽くせたことです。完璧なシーズンとは言えませんが、この2020年については幸せでした。チームと私を支えてくれたすべての方に感謝します。私がMoto3™クラスで過ごす時間は終わりました。今は、Moto2™クラスでの新しい挑戦に興奮しています」

小椋選手は最終戦で激しいレースを戦い抜き、ランキング3位を獲得した

國井勇輝 選手(Honda Team Asiaプレスリリースより)
「スタートして、最初の2周ぐらいから、ロングラップ・ペナルティの周回まで、今シーズンの私のベストラップだったと思います。トップグループにいて、他のライダー達と一緒に走りを楽しめました。ペナルティでグループから離れた後、再びグループを捉えられるように懸命にプッシュしましたが、たくさんのミスを犯し、タイヤを減らしてしました。今シーズンは終わりました。シーズンの序盤から、チャンピオンシップの戦い方について悩みました。全てのことが私にとって新しいものでした。良い結果を残せなかったことについて、チームには謝りたいです。しかし、シーズン中盤からこの最終戦まで、私達は大いにステップアップし、改善を見せることが出来ました。これらのことは来年に向けて大いに私を助けてくれると思います」

ペナルティによりポジションを落としたが、序盤は12番手を走行した國井選手

※ロングラップ・ペナルティ……サーキットのランオフエリアに設定された通常よりも大回りとなるエリアを通過しなければならないペナルティ。これにより、ライダーはレースを継続しながらも、ペナルティを消化したラップでは数秒を失うことになる。

■Moto2™クラス

アンディ・ファリド・イズディハール選手(IDEMITSU Honda Team Asia)は26番グリッド、ソムキアット・チャントラ選手(IDEMITSU Honda Team Asia)は27番グリッドから、最終戦の決勝レースを迎えました。

チャントラ選手は後方9列目からのスタートにもかかわらず、8周目には17番手に浮上。終盤までそのポジションをキープし、最終的には18位でフィニッシュを果たしました。アンディ選手は23番手を走行中の18周目、12コーナーで転倒を喫し、リタイアとなりました。

チャントラ選手はチャンピオンシップでランキング25位、アンディ選手はランキング30位でシーズンを締めくくっています。

2021年シーズン、チャントラ選手は引き続きIDEMITSU Honda Team AsiaからMoto2™クラスに参戦。アンディ選手はHonda Team AsiaからMoto3™クラスにスイッチします。

ソムキアット・チャントラ 選手(IDEMITSU Honda Team Asiaプレスリリースより)
「決勝レースに向けて、バイクのセットアップに変更を加えました。レースではフィーリングはとても良く、周を重ねるごとに改善を示せました。最終的に良いセットアップを見つけることが出来たのですが、少し遅かったです。ポルティマオでの初めてのレースでしたが、今年の経験は来年、私達を助けてくれるでしょう。この素晴らしいシーズンを過ごせたことにみんなに感謝します」

チャントラ選手は追い上げて18位フィニッシュを果たした

アンディ・ファリド・イズディハール 選手(IDEMITSU Honda Team Asiaプレスリリースより)
「今シーズン最後のレースでしたので、今日の結果にはとてもがっかりしています。残り5周というところで、転倒してしまいゴール出来ませんでした。シーズンの終え方として良くありません。レースの間、集団の中で戦おうとしました。ペースも良かったのでとても残念です。私のスタッフはとても懸命に私の為に働いてくれました。彼らには心から感謝します。来年は新しい挑戦が待っています。自分の知識と前向きな気持ちをもって、2021年のシーズンを迎えられればと思います」

惜しくも転倒リタイアとなったアンディ選手

世界で戦うライダーを支える
クシタニがサポートするMoto2™、Moto3™ライダー

Moto2™クラス(チーム:IDEMITSU Honda Team Asia)
ソムキアット・チャントラ 選手/アンディ・ファリド・イズディハール 選手

Moto3™クラス(チーム:Honda Team Asia)
小椋藍 選手/國井勇輝 選手

写真:Idemitsu Honda Team Asia / Honda Team Asia

関連記事