TOP トップページ > MAINTENACE メンテナンス > デイリーケア
 

せっかくのレザー製品を無駄にしていませんか?『プロトコアレザー』や『エグザリートレザー』など革の特殊加工により革自体の素材性能はレベルを上げてきていますが、本来は使うユーザーのちょっとした気の利いたメンテナンスで永く風合いや品質を維持できたり、それ以上に性能を上げることもできます。ここではそのメンテナンス方法とメンテナンス製品をご覧いただけます。

最近、ここ数年の製品であれば比較的簡単なメンテナンスでかまいません。使用頻度にもよりますが酷使したり、環境が悪い所での保管など製品が著しく悪い状態の場合はスペシャルケアへ進んでください。

 【1】汚れを落とす。

全ての製品にいえます。製品への汚れはまずブラシなどで払うことが必要です。写真ではブーツですがレーシングスーツやグローブ、ジャケット、パンツも同じです。オイルなどのメンテナンス時にごみを塗りこんでしまったりするのを防ぎます。

(写真はブーツですが革製品全般同じです。)


 【2】ローションで汚れを拭きはがす。

この【2】は程度により省いても構いません。より製品をクリーニングしたい場合は布にレザリアンローションをつけふき取るように処理をしてください。レザリアンローションは汚れを落とすだけでなく防カビの処理もできるものです。従来のクリーナに比べ乳化剤、石油系有機溶剤、精製水のほかになめし油剤(中性合成油)を入れ、革への浸透率を上げています。クシタニで扱っているメンテナンス製品は幅広く効能を出すように様々な配合がされています。このローションもバイク用のクリーナーなのですが汚れを落とすと同時に油を加え、防カビ処理もできるものです。




(写真はブーツですが革製品全般同じです。)


 【3】革の保護をする。

レザークリスタルを使用します。スポンジがセットで入っていますのでスポンジにオイルを少しつけて革全体に伸ばして塗っていきます。薄く塗って乾いたのを確認してまだ革がオイルを吸うようであれば2回目を塗ってください。(塗りすぎに注意してください。)
レザークリスタルはホホバワックスをベースに作られた製品。ホホバワックスとは別名ジョバジョバワックスといい砂漠地帯でしか生息しない50年から100年生きる木です。室温で液状なた油という感じがしますが一応、分子構造上ワックスのくくりになります。皮脂成分(ワックスエステル40%、トリグリセライド40%、スクワレン10%、他10%)の中のワックスエステルに酷似したコラーゲンに近い構造をしています。ペースメーカーなどの潤滑油にも使われるほど安全性が高く、分子構造上安定しているため、皮革に使用しても安定した持続力を持つ。
 さらにウールグリースを入れてあり、レザー本来の光沢感を持続させます。さらに、天然抗菌剤(竹エキス)が入っていて防カビや消臭の効果をもたらします。

製品の付着力をよくするためにアミノ酸系ゲル化剤をまぜてトロミを出しています。なぜアミノ酸系かというと、皮革自体はアミノ酸でできていますのでより革となじみやすい効果が得られます。

複数回塗ると撥水効果をもたらします。これはこすりに大しても結構強いので撥水度は低いけど高い持続性を維持します。これは上記にも書いたホホバの分子的安定構造の恩恵といえます。


(写真はブーツですが革製品全般同じです。)


【4】撥水処理をして長持ちさせます。

【3】ではワックスの効果で持続性の高い弱撥水の効果を施したが今度は高い撥水力の効果を出すために表面に撥水の突起物を吹き付けます。【3】で加工したオイルがレザーに良くなじむまで時間を空けます。保管状況によりますが1日〜数日おいてください。アメダスを遠目から噴射して拭きつけてください。(屋外でやりましょう)このアメダスはフッ素樹脂と有機溶剤でできています。撥水は雨などの濡れに対してだけでなく防汚性にもなります。注意:【3】の工程でオイルを多く塗りこむとアメダスにより白くなる場合があります。良くなじむまで期間をあけるようにお願いいたします。白くなった場合はその上からオイルを塗りこんでください。
 フッ素樹脂がコーティングされ水を吸いやすいタオルやティッシュなどにかけても超撥水効果が得られるアメダスでは水分だけではなく油分もはじきます。油分は水分より分子構造が小さいため、皮革への浸透率が高くなります。したがって本来、エンジンオイルなどが皮革につくと繊維の中まで入ってしまい取れなくなります。

油に対する撥油等級という評価方法があり、1級から8級まであります。

1級 組織 NUJOL 流動パラフィンなど
2級 組織 n-ヘキサデカン21℃ エンジンオイルなど
3級〜8級とn-テトラデカン、ドデカン、デカン、オクタン、ヘプタンと続く

タンニンなめしは撥油等級が実は0で油は瞬時に透過してしまいます。
このアメダスの散布後は撥油等級が4になり、かなり撥油することが実験でわかります。
データとしては屈曲一万回での撥水が屈曲なしを100として90まで落ちます。
 
試験皮革:タンニンなめしの革 左未散布、右アメダスを塗布

クシタニの製品の多くがクロムなめしのもので、 クロムなめしは何もしなくても撥油等級が1あります。撥水度も70とかなり高いです。(因みにタンニンは未散布だと撥水度は0)しかし、屈曲すると急激に撥水度は下がり水を吸い込みます。そこでアメダスで保護ということです。クロムに関しては散布後、撥水度100で屈曲一万回後の撥水度は、ほぼ100です。この程度ではアメダスがはがれることはありません。

使い方としては
アメダスは一度全体に散布してこれは2・3ヶ月に1回で十分です。袖口や間接部分など擦れや屈曲が起こるところに関してだけ1・2二週間に1回部分散布をするという形がベストで身頃が2・3ヶ月、関節部分が1・2週間といった感じでメンテナンスをしてみてください。そしてこの製品は万能でレザー以外のクロスやバックなど、なんでも使えます。

 
 

かなりメンテナンスが必要な製品はこちら


10年選手の革製品やメンテナンスを怠ってゴワツキや表面のカサカサ感が出ているもの硬くて着心地が悪くなってしまったもの、転倒して削れてしまったものはスペシャルケアを。クシタニがレーシングサービスなどでも採用しているものからより手ごろにできるものまで紹介します。

広報部製品実証テスト担当より
やはり最もメンテナンスで聞かれるのはレザースーツです。そしてレザージャケット・パンツになります。レーシングスーツはスポーツでありながらレザーでできたウェアを着用するという特殊なケースであり想像以上に製品へのダメージがいきます。そのため徹底した管理の下でクシタニのレーシングスーツやその他の製品も造られています。しかしそれだけではベストな状態で維持することは難しくなります。そこでメンテナンスを昔からクシタニの店頭にて承っていました。そして今回、クシタニではユーザー自身でメンテナンスを身近なものに感じていただけるように、メンテナンスのコンテンツをご紹介します。

メンテナンス用品は全国のクシタニ各店にて取り扱っております。オンラインでのお買いもとめの方はBikeLifeStyle.jpにて販売しています。

 

バイク用品は全国のKUSHITANIプロショップ各店、取扱店およびKUSHITANIオンラインショップにて 電話によるご相談は053-441-2516もしくはsupport@kushitani.co.jpまで。
| EXPLORER | KUSHITANI PERFROMANCE CAHNNEL | KUSHITANI LIMITED | KUSHITANI FACEBOOK | KUSHITANI Twitter  |  KUSHITANI TV from RealPlay
| レーシングスーツレーシンググローブレーシングブーツレザージャケットレザーパンツクロスウェアアンダーウェアレーシングアクセサリーレザージーンズツーリンググローブツーリングブーツバッグプロテクションアクセサリー



バイク用品のクシタニ
 Copyright © 2015 Kushitani Interactive. All rights reserved.
| サイトマップ | | プライバシーポリシー |