TOP トップページ > クラフトマンシップ&テクノロジー > 第一話 革の話
 





着のレーシングスーツに込めた技とこだわり、革新性。
クシタニの独創性とこだわり、そして熟練した職人の技が生んだ、
最高品質の高機能天然素材[プロトコアレザー]

1947年の創業以来、クシタニが追求してきたのは、安全性と快適性、そして機能性を高次元で併せ持った最高峰のレーシングスーツ。その技術の粋を集め、先進のテクノロジーとレーザーを知り尽くした熟練のクラフトマンシップとの融合を図ることで独自に開発したのが、新素材[プロトコアレザー]である。

●厳選した価値あるレザーを巧みにマッチング
レーシングスーツ用のレザーに求められるのは、転倒時の衝撃に耐えられる強度。そのため、クシタニでは、引裂きに極めて強く、摩耗強度に優れた良質のホルスタイン種を厳選、最も良質の部分だけを使用するため、1着のスーツに一頭半の原皮を用いる。使用するレザーの部位ごとに強度・弾力性といった特性が異なるため、スーツ各部に求められる性能(柔軟性、衝撃耐久性、摩耗強度等)に応じて最適のレザーを配分、職人が経験と技で巧みに組み合わせることで、苛酷なレースに耐えうる最高品質のレーシングスーツへと仕上げていく。

●強度としなやかな質感を同時に実現
KUSHITANIレザーの特長―それは、ふんわりとした質感としなやかな感触、そして優れた耐久性にある。世界で最も高い安全基準・MFJのレギュレーションを遙かに超えた高い数値をクリア、優れた摩擦強度、磨耗強度、裂け強度を
実現し、その風合いを保ちながら、どのような状況下においても安定した強度と快適な着心地を約束する。

●抜群の撥水性能を実現する、フッ素加工技術
従来の表面の撥水コーティングと異なり、革をなめす工程でフッ素を繊維層まで浸透・吸着させることで、表面はもちろん、裏面を含めた素材自体に撥水性能を持たせている。それにより、雨や発汗によるライダーの負荷を劇的に軽減するのはもちろん、転倒時にこすれたり、傷がついた場合でも、レザー自体に撥水加工が施されているため、性能・効果が変わることがない。


超撥水レザーは半永久的な持続力を実現します
新しいマテリアルはフッ素を銀面層と繊維層の両方に浸透させ吸着させることにより、従来の表面の撥水コーティングとはまったく違い、表面だけでなく裏面を含む素材自体が撥水というレザーになります。これは転倒時にこすれた表面やカギ傷などで表面以外の原皮は露出しても全て撥水という優れた加工が施してあります。クシタニのレザースーツは転倒しても永く使用できるよう素材から研究開発しています。





原皮は永年培ってきたKUSHITANIレザーを引き続き採用
新しいマテリアルではありますが、従来のKUSHITANIレザーと呼ばれ続けている国内生産のホルスタインはそのままで、ふわっとした質感としなやかな感触、そして従来以上に摩擦強度、磨耗強度、裂け強度を高い基準で設定し、それをクリアしたものだけを製品に採用しています。


KUSHITANIレザーパフォーマンス

 
引張切断荷重(kgf)
引裂荷重(kgf)
磨耗強度(回)
MFJ公認基準
10.0以上
5.0以上
500回以上
KUSHITANIレザー
(ホルスタイン1.5〜1.6mm)
35.0〜40.0
9.0〜10.0
800〜1000回
MFJ基準よりさ
3-4倍
2倍
2倍

注:磨耗強度は引用規格JISL-1096(研磨布AA50磨耗荷重3.5ポンド) 注2:革厚は通常安定して供給可能な厚みを想定して検証材料として採用しています。)
当社試験資料参考値

クシタニのレザーは世界でも高い安全基準のMFJのレギュレーションはるか高い数値でクリアしています。それはKUSHITANIの製品コンセプトである、安全性の高い製品を提供し続ける事、そして一着を永く愛用していただきたいという考えであります。永く風合いを維持し、いつでも安定した強度や着馴らした着心地を維持するのにプロトコアレザーは大きく役にたつマテリアルです。

RIDERSCLUB 竹田津敏信 ロードレースで最も重要なのはライダーに着ている事について何も感じさせないこと、スーツに対して意識がいってしまうような事はさせないこと、これが開発のコンセプトでした。今までの多くの問題は練習走行日から決勝日まで複数日にわたりライダーはスーツを着用しなくてはいけないということ。私たちは1着のスーツがどれだけ快適にこの複数日の連続使用を快適に過ごせるかを追求した結果、既存のエグザリートレザーの技術をロードレース用のレザーに加工を施すことにより、ベトつかず、乾きが速く、においが付き難いレザーの開発に着手しました。特に重要なのはロードレース用のKUSHITANIレザー特有のしなやかさで、強度の強い革を維持しながら加工処理をすることです。永年の培った加工技術により『プロトコアレザー』として完成しました。


レーシングスーツ専用の革プロトコアレザー
プロトコアレザー』とは、従来のレザースーツの皮革にフッ素による撥水機能(低吸収性)を付加させるとともに、伸縮性をアップさせ、より馴染みやすくソフトに仕上げた高機能天然素材です。撥水(低吸収性)効果として、雨天の走行でのスーツが水を含んで重たくなる事と、真夏の汗によるスーツが汗を含んで重たくなるのを軽減します。また、濡れた後の縮みを防ぎます。汗つきによるべたつきを防ぎ不快感も軽減します。撥水(低吸収性)効果を付加し、レザースーツに求められる伸縮性をアップさせ、フィット感に優れ、不快感を軽減させた素材、それが『プロトコアレザー』なのです。


プロトコアレザーはレーシングスーツ専用の素材として開発されました。
アジア選手権を走るライダーにとってKUSHITANIのスーツは最高の出来とのこと。
アジア選手権は毎戦35℃以上の、路面温度は47℃以上の過酷なレースになります。そこでは通常のスーツでは汗を吸ってしまいスーツがべったり重たくなってしまう、そして暑さゆえに急激に乾かしたスーツはごわつきだし硬化も進んでしまう、サイズさえも変わりかねない過酷な環境がスーツには待っています。KUSHITANIのプロトコアレザーのスーツになってからは油が飛びにくいのでしなやかさを高いレベルで維持できて毎戦のように新しいスーツを着ているような感触さえ覚えたという、そしてメンテナンスが最小限で抑えられることが忙しいライダーにとってはとてもありがたいことだそうです。


 
 
 

こだわりの革
徹底した縫製
3Dパターン
裁断の技術
靴
修理
第7話開発
第8話完璧

KUSHITANIのモバイルサイトで最新情報をご覧いただけます。上記のQRコードを読み取ってKUSHITANIの最寄の店舗案内やモバイルショップにアクセスできます。


バイク用品は全国のKUSHITANIプロショップ各店、取扱店およびKUSHITANIオンラインショップにて 電話によるご相談は053-441-2516もしくはsupport@kushitani.co.jpまで。
 | KUSHITANI PERFROMANCE CAHNNEL | KUSHITANI LIMITED | KUSHITANI FACEBOOK | KUSHITANI Twitter  |
| レーシングスーツレーシンググローブレーシングブーツレザージャケットレザーパンツクロスウェアアンダーウェアレーシングアクセサリーレザージーンズツーリンググローブツーリングブーツバッグプロテクションアクセサリー


バイク用品のクシタニ
 Copyright © 2015 Kushitani Interactive. All rights reserved.
| サイトマップ | | プライバシーポリシー |