カントリージーンズの再染色加工



カントリージーンズの新しい再染色手法による再染色ができました。
新手法の特徴としては、今までの顔料吹付けによる着色ではなく、製革工程に使用する同じ染料を用いた染色のため、風合いを損なわずに仕上げる事が可能となりました。


 染色工程
1. 水洗い
2. 染色(製革工程同染料を使用)
3. 撥水コート(フッ素コート)
4. 加脂(革に必要な脂を加えます)
5. 自然乾燥(陰干し)
6. 乾燥機仕上げ(乾燥後、ソフトにするために5分程度)

  染色パターン
・インディゴブルー ⇒ インディゴブルー
・インディゴブルー ⇒ オールドブラック
・オールドブラック ⇒ オールドブラック  の3通りとなります。



従来の再染色と大幅に変わったところ。
染色に製革工程と同じ染料を使うことで従来の顔料による吹きつけと違いしっとりとした質感に仕上がり、本来の商品の風合いを実現しています。顔料による光沢感と肌触り感をなくしています。撥水コートを工程中にさらに加えて本来の製品のポテンシャルを回復します。従来はまったく違う製法で仕上げていますので一度染色されたユーザー様も、これから初めて再染色される方にも新しい再染色を体感してください。

超撥水レザーは半永久的な持続力を実現します
新しいマテリアルはフッ素を銀面層と繊維層の両方に浸透させ吸着させることにより、従来の表面の撥水コーティングとはまったく違い、表面だけでなく裏面を含む素材自体が撥水というレザーになります。これは転倒時にこすれた表面やカギ傷などで表面以外の原皮は露出しても全て撥水という優れた加工が施してあります。







価格 9,450円(税込)

加工スケジュール 3〜4週間
(修理状況により前後する場合がございます。)

注意:元色よりも濃く仕上がる傾向にあり、染色前の状態によって仕上りカラー、質感に差が生じます。
染色後は繊維質が絞まりますので、若干絞まった(縮んだ)状態になる事もございますが、伸度が高いので、ほぼ、基のサイズに戻ります。 再染色後も変退色をする事がありますが、何度でも再染色は可能です。


今までにな綺麗な染め上がりです。

バイク用品のクシタニ
KUSHITANI CO.,LTD.
レーシングスーツレザージャケットレザーパンツクロスジャケットクロスパンツグローブブーツバッグプロテクションアクセサリー
© Kushitani Interactive all rights reserved. | サイトマップ |