良いものをより安全に、より長く使うために。クシタニの真骨頂、アフターサービス

  1. 日本のものづくり

クシタニは全国のKUSHITANI PRO SHOP、PERFORMANCE STORE、販売店や取扱店などで、アフターサービスを受け付けています。クシタニの企業コンセプトとして、アフターサービスを重視しているからです。『修理に対応できる』ことを前提に開発・生産することもクシタニらしさと言えるでしょう。

耐久性に優れるクシタニの製品でも、過酷な環境下で使われ続けていれば、破損してしまうこともあります。クシタニではそんな破損してしまった製品を、可能な限り修理対応しています。レザースーツはもちろん、レザージャケットやパンツ、ナイロンジャケット、バッグ、ブーツに至るまで、幅広く修理を行うことが可能です。

レザージーンズの再染色加工、サイズの調整、カスタマイズやクリーニングなど、メンテナンス内容も多岐にわたります。メンテナンスでは、プロフェッショナルなスタッフが、製品の一点一点、内容や予算を確認しながらお客様に合った最適なアフターサービスを提供します。

クシタニが埼玉に構える、修理専門の工場

クシタニには、修理専門の工場と職人が存在します。修理には、製品作りとは違ったスキルが必要だからです。修理専門の工場を構えるのは埼玉県。この工場に修理を受け付けた製品が全国各地から集まり、修理が行われています。例えば破損したレザースーツは、新品に近い状態にまで修復することが可能です。

修理前(左)と修理後(右)のレザースーツ

メーカーの垣根を超えてクシタニが提供する『安全』

クシタニでは自社の製品のみならず、他メーカーの修理も受け付けています。それは、『安全の世界を創造します。』という、クシタニの企業理念に基づくものです。

破れやほつれ、穴あきなどがあるライディングギヤでバイクに乗り、もしも転倒してしまったら……。ライディングギヤは十分な性能を発揮できず、ライダーが危険にさらされる可能性が高くなってしまいます。メーカーの垣根を超えて提供する修理サービスには、そんな危険を少しでも減らしたいという、クシタニの思いが反映されているのです。

アフターサービスはイベントのクシタニブースでもオーダー可能

クシタニが展開するアフターサービスは、KUSHITANI PRO SHOP、販売店や取扱店などのほか、イベントやサーキットなどでのクシタニの展示ブース、KUSHITANI SIBZ(試着会)、KUSHITANIレーシングサービスなどで相談することが可能です。その場で修理をオーダーすることができ、修理後の製品引き渡しについては、全国のKUSHITANI PRO SHOP各店を指定することもできます。

安全なバイクライフに、万全なライディングギヤはかかせません。クシタニは、より安全に、より長く、ライダーがライディングギヤを使い続けるお手伝いをしています。

関連記事