MotoGP™第6戦スティリアGP/小椋藍選手がMoto3™クラスで今季4度目の表彰台を獲得

  1. ロードレース

8月23日、MotoGP™第6戦スティリアGPの決勝レースがオーストリアのレッドブル・リンクで行われました。

■Moto3™クラス

Moto3™クラスの決勝レースでは、小椋藍選手(Honda Team Asia)が8番手からスタートすると、オープニングラップで5番手にまでポジションを上げることに成功します。トニー・アルボリーノ選手(Rivacold Snipers Team)やガブリエル・ロドリゴ選手(Kommerling Gresini Moto3)、鈴木竜生選手(SIC58 Squadra Corse)などがレースをリードする中、小椋選手は2周目にはファステストラップをマーク。序盤は5番手付近で周回を重ねます。

レース折り返しの12周目、小椋選手は8番手付近に後退していました。しかし14周目には再び5番手付近に浮上。いまだ集団を形成するトップグループの中で表彰台をねらえる位置をキープします。

残り6周、小椋選手は佐々木歩夢選手(Red Bull KTM Tech 3)をとらえて3番手に浮上します。その翌周の1コーナーで、小椋選手のすぐ後方を走っていた佐々木選手と5番手を走っていたデニス・オンジュ選手(Red Bull KTM Tech 3)が追突し、佐々木選手とオンジュ選手は激しく転倒。戦線から離脱となりました。

3番手を走る小椋選手は、トップのアルボリーノ選手と2番手のチェレスティーノ・ヴィエッティ選手(SKY Racing Team VR46)を追います。小椋選手は残り3周で2番手につけたものの、その翌周には再び3番手に後退。4コーナーのブレーキングでアルボリーノ選手を交わそうと試みますが、ここではワイドになり、3番手をキープ。終盤のポジション争いは、一瞬も気が抜けない激しいものとなりました。

そして迎えた最終ラップ、小椋選手は3番手。トップのヴィエッティ選手、2番手のアルボリーノ選手と小椋選手との差は少し広がっていました。小椋選手は4番手以下のライダーを抑える走りでポジションをキープし、コントロールラインを通過。トップのヴィエッティ選手、2番手のアルボリーノ選手に続く3位を獲得しました。小椋選手にとって、今季4度目の表彰台獲得となり、チャンピオンシップのポイントランキングでも、トップのアレナス選手に次ぐ2番手をキープしました。

國井勇輝選手(Honda Team Asia)は28番グリッドからスタート。22位でフィニッシュとなりました。

小椋藍 選手(Honda Team Asiaプレスリリースより)
「改めてまた表彰台に上ることが出来て良かったです。勝つことにとても近い位置にいますが、いつもそれを逃がしてしまいます。他のライダー達が持つ何かをまだ持っていないのだと思います。コースの中、コースの外でその何かを見つけなくてはいけません。最後のラップでは、先週のように表彰台を逃さないよう、グリーンエリアに触れないことを集中して考えていました。ただ、今日のパフォーマンスには満足しています。」

レース後半に強い小椋選手、粘りの走りで3位フィニッシュ

國井勇輝 選手(Honda Team Asiaプレスリリースより)
「昨日、走行する都度、気合が入りすぎ、ストレスとなり、それが自分のライディングに悪い影響を与えていることがわかりました。今日、朝のウォームアップ走行の時、もっとリラックスして乗ることを試してみたら、改善が見られました。レースでもポイント獲得圏外であっても、これを続けようと思いました。レースの間も、もっと改善できるように努力しました。私は、今、これに集中して取り組む必要があります。次戦ミサノまで、2週間あります。私は、今の状況を続けたくありません。ここオーストリアで何を変える必要があるのかを学びました。」

今季Moto3™クラスフル参戦デビューの國井勇輝選手

22位でレースを終えた國井選手

■Moto2™クラス

Moto3™クラスに続いて行われたMoto2™クラスの決勝レース。今季ベストグリッドとなった16番グリッドからスタートしたソムキアット・チャントラ選手(IDEMITSU Honda Team Asia)は、オープニングラップで11番手にまでポジションを上げ、2周目もその位置をキープしていました。

しかし3周目の3コーナー、チャントラ選手の後方からサム・ロウズ選手(EG 0,0 Marc VDS)がイン側に入り、ロウズ選手のマシン左側とチャントラ選手のマシン右側が接触。これによってチャントラ選手、ロウズ選手はともに転倒し、3コーナーアウト側のグラベルにはじき出されました。さらに、3コーナーを旋回中だったホルヘ・ナバーロ選手(+EGO Speed Up)も転倒したロウズ選手のマシンに当たって転倒。3台が絡むクラッシュとなりました。なお、ロウズ選手はこの走行が無責任なものだったと判定され、次戦サンマリノGPの決勝レースをピットレーンスタートとするペナルティが科されました。

アンディ・ファリド・イズディハール 選手(IDEMITSU Honda Team Asia)は22番グリッドからスタートし、24位でレースを終えています。

ソムキアット・チャントラ選手(IDEMITSU Honda Team Asiaプレスリリースより)
「今朝のウォームアッから、調子がよく、ラップタイムでも今週のベストを出すことが出来ました。レースに向けて気持ちも高まり、良い結果を得られるのではと期待しました。レースではスタートも決まり、トップグループに迫ることが出来ました。しかし、一人のライダーが転倒し、私に接触し、私も転倒してしまいました。良い結果を得ることは出来ませんでした。でも、これがレースです。次のミサノではもっと強くなります。」

チャントラ選手は11番手走行中、他車との接触により転倒リタイア

アンディ・ファリド・イズディハール 選手(IDEMITSU Honda Team Asia)
「この週末は、期待通りとはなりませんでした。初日から今日にかけて私自身も大きく改善出来ていると感じました。今日の私のペースは、トップ15のライダー達に近いものでした。しかし、ミスを犯し、グラベルに入ってしまい、大きく順位を落としてしまいました。レースを続けましたが、順位を回復することは出来ませんでした。いずれにしても、ここオーストリアで日毎にトップライダーに近づくことが出来ました。これは今週末の私のポジティブな部分です。」

24位でフィニッシュしたアンディ選手

写真:Idemitsu Honda Team Asia / Honda Team Asia

関連記事