MotoGP™第9戦カタルニアGP/小椋藍選手、Moto3™クラスのランキングトップに浮上

  1. ロードレース

9月27日、MotoGP™第9戦カタルニアGPの決勝レースが、スペインのバルセロナ・カタルニア・サーキットで行われました。

カタルニアGPは、例年では6月の上旬から中旬に開催されています。しかし今年はレースカレンダーの変更により9月下旬開催となり、そのために週末を通じて気温、路面温度が例年よりも低く、全クラスを通じてライダーたちはこうしたコンディションに苦戦しました。

■Moto3™クラス

決勝日、最初のレースとなったMoto3™クラスでの気温、路面温度はともに19度。こうした状況の中、小椋藍選手(Honda Team Asia)は24番グリッドから、國井勇輝選手(Honda Team Asia)は29番グリッドからスタート。小椋選手はスタートで前に出ると、2周目には14番手にまでポジションを上げました。

小椋選手はその後、18番手にポジションを落としますが、6周目の4コーナーで、チャンピオンシップのランキングトップであるアルベルト・アレナス選手(Gaviota Aspar Team Moto3)に、ジョン・マクフィー選手(Petronas Sprinta Racing)が接触。両者が転倒を喫すると、小椋選手は15番手付近に浮上しました。

レース折り返しの残り10周を切って、小椋選手は15番手から16番手付近のポジションにつけていました。カルロス・タタイ選手(Reale Avintia Moto3)や鳥羽海渡選手(Red Bull KTM Ajo)、山中琉聖選手(Estrella Galicia 0,0)、佐々木歩夢選手(Red Bull KTM Tech 3)などとポジション争いを展開しながら周回を重ねます。

残り5周を迎えるころ、ポジションを争っていたタイ選手がピットに戻り、リタイア。さらに鳥羽選手にロングラップ・ペナルティが科されると、小椋選手は14番手に浮上。残り2周でさらに、11番手にポジションを上げました。

小椋選手はそのままポジションを守り切り、11位でフィニッシュ。5ポイントを獲得しました。この結果により、小椋選手はチャンピオンシップでランキングトップに躍進。2番手のアレナス選手に対して3ポイントの差をつけています。

國井選手は、序盤はポジションを維持しながら周回を重ねていき、終盤には21番手に浮上。そのまま21位でチェッカーを受けました。

小椋藍 選手(Honda Team Asiaプレスリリースより)
「今週末は、色々な問題を抱えたまま、解決することができず、難しいレースとなってしまいましたが、レースでは自分のすべてを出し切れたので、パフォーマンス的には良かったです。ペースが、0.5秒、速ければ結果は違っていたと思います。11位でレースを終えましたが、今日の結果でポイントリーダーとなりました。嬉しいですが、幸運であることを忘れてはいません。次戦以降、我々のベストなリザルトを取れるように改めて挑戦します。Moto3™は目まぐるしく状況が変わるので、もっと頑張る必要を感じています」

小椋選手は24番グリッドスタートから11位でフィニッシュを果たした

國井勇輝 選手(Honda Team Asiaプレスリリースより)
「スタートを失敗して、1コーナーで最後尾になってしまいました。集団から離れてしまって、多くのオプションをなくしてしまいました。自分のペースは良くなかったのですが、前を走る(アンドレア・)ミーニョ選手に追いついてからは、彼を追いかけ、可能な限りプッシュして走ることができました。それは自分にとって、とてもポジティブなことを示してくれて、改善してゆかなくてはならないことを改めて学びました。練習走行中のペース、予選中の位置取り、レースにおける最初の数ラップなどです。次は、ルマンでのレースです。私はコースを知っています。そこでまた新しい計画を進めていきます」

21位でチェッカーを受けた國井選手

■Moto2™クラス

Moto3™クラスに続いて行われたMoto2™クラスの決勝レースでは、ソムキアット・チャントラ選手(IDEMITSU Honda Team Asia)が26番グリッド、アンディ・ファリド・イズディハール選手(IDEMITSU Honda Team Asia)が29番グリッドからスタートしました。

序盤、両選手はともにポジションを上げ、チャントラ選手はレース中盤に18番手を走行していました。しかしその後、7コーナーでコースアウト。さらにチャントラ選手は残り2周の2コーナーで転倒を喫し、リタイアとなりました。アンディ選手は、自己ベストリザルトとなる19位でチェッカーを受けています。

アンディ・ファリド・イズディハール 選手(IDEMITSU Honda Team Asiaプレスリリースより)
「今日の結果は嬉しいのですが、レース中にもっと上手くやれるということも感じました。スタートから、フィーリングは良く、落ち着いてレースを戦えました。ミスを犯し、ポジションをロスしてしまったのですが、私のペースはポイント圏内を走るライダー達と同等のものでした。これについて、私はすごく嬉しく、次のステップにつながると思っています。最初のラップがレースを戦う上でのグループを決めることになるので、予選順位を改善する必要を感じています」

アンディ選手は自己ベストリザルトの19位フィニッシュ

ソムキアット・チャントラ 選手(IDEMITSU Honda Team Asiaプレスリリース)
「チームには申し訳ない気持ちでいっぱいです。レースでは、フィーリングは完璧で、今週のベストラップも出せ、戦っていたライダー達が、ポイントを獲得したライダー達でしたので、完走すれば自分もポイントを獲得できていたかもしれません。しかし、ミスを犯してしまい、ターン7を曲がり切れず直進し、タイムをロスしてしまいました。その後は、集中力を切らしてしまい、ペースを上げることができず、タイヤが冷えてしまい、転倒してしまいました。今日は何も言うことができません」

チャントラ選手はポイント獲得圏内に接近しながら惜しくも転倒リタイアとなった

世界で戦う若きライダーにエール
クシタニがサポートするMoto2™、Moto3™ライダー

Moto2™クラス(チーム:IDEMITSU Honda Team Asia)
ソムキアット・チャントラ選手/アンディ・ファリド・イズディハール選手

Moto3™クラス(チーム:Honda Team Asia)
小椋藍選手/國井勇輝選手

写真:Idemitsu Honda Team Asia / Honda Team Asia

関連記事