フェリーで行く北海道ツーリング 天に続く道〜標津でグルメ【3/4】

  1. ツーリングしようぜ

どうも!バイク乗ろうぜの慎也(@ShinyaGuitar)です。

7/31〜8/7にかけて北海道ツーリングに行ってきました。大洗発のフェリーに乗って、北海道を巡る旅。そんな様子を書いた記事です。

道東を巡るツーリング

キャンプ場にいる猫ちゃんたちとお別れして出発。疲れていたのか少し遅い時間まで寝てしまって、出発時間も10時と少し遅れ気味。さらにはこの日の天気予報は所々雨マークと怪しい様子。どうしたものかと考えつつ、とりあえずガソリンスタンドへ。

 

スタンドに行く途中にあった弟子屈ラーメンの看板。少し気になるなということで、給油後に寄ってみました。

 

どんなものかと思いつつ味噌ラーメンを注文してみたらすごく美味しい!この日はチャーシューが蝦夷鹿のチャーシューに変更できるとのことで、せっかくなので試してみることに。獣臭さを消すためなのか少し濃い味付けでしたが、旨味がギュッと詰まっていてこれまた美味しい。ふらりと寄ったのにすごく当たりなラーメン屋でした。

 

そんなこんなで雨雲レーダーと睨めっこして、知床半島を回ることが決定。弟子屈からであれば天に続く道を回って知床半島へ。

 

ここは28kmもの道がまっすぐに伸びているという非常に見応えのある場所。初めて来たときは興奮したのを覚えています。

 

天気は最高とまでは言えませんが、それでもこの絶景。向こうの景色が霞んでどこまでも道が伸びているかのような感覚になります。この日は観光客の方も多かったので、バイクを横にして撮るのは諦めました。いつかやってみたいんだよね。

 

そして俺が北海道で一番好きな場所がこの知床半島です。知床峠のちょっと前に羅臼岳を見上げつつ絶景が見れるというすごく良いポイントがあるんですよ。

 

少し雲が多いのはしょうがない。だけどそれでも本当に気持ちが良い。こんな広い景色はなかなか見れません。

 

そして走りながら見る雲海。これもまた贅沢。

 

知床半島を下ったあとはさらに南下して開陽台へ。パノラマの絶景を見ることができる場所。

 

実はここにキャンプ場があって、いつか泊まってみたいなーって思うんですけど、キャンプ場までバイクで行くのが既にハードルが高そう。オフ車だったら大丈夫みたいな書き込みを見たのですが、ZX-14Rで行くのはなかなかしんどそうです。周りにコンビニもないし、色々とハードルが高いですが、天気が良ければ最高の朝焼けが見れそうです。

 

パノラマ絶景に別れを告げて今日の宿の標津へ。

洗濯物が溜まってきたのと、キャンプ続きで疲労が溜まってきたので布団に入ってぐっすりと休まなきゃちょっとしんどいかなーと。そして夜は居酒屋でお寿司でも。

 

お寿司も出している居酒屋で、握りのセットを注文。ここで食べたウニがめちゃくちゃ美味しくて、再注文するほどです。しかも台風が近づいており、漁に出れないためもう在庫がなくなったと。危ないところだった…標津のウニはまた食べたい!

 

そしてこれがシマエビです。シマエビって知らなくて、別件で旭川に仕事で行った時に初めて食べたんですよ。今まで食べたエビとは全然違う美味しさ。ジューシーというかなんというか。しかも標津で食べたシマエビは旭川で食べたものより数倍美味しいという。パクパクと食べてしまいました。ビールが進みます。

そして良い気分で宿に帰ってすやすやと眠りにつきました。

まとめ

大好きな道東を走って、美味しいものを食べるという最高の贅沢をした1日。疲労も溜まってはいましたが北海道らしさを満喫できました。

 

北海道ツーリングをMV風にまとめた動画もあるのでぜひご覧になってくださいね。


次の記事が北海道編最後です。楽しみにしててくださいね。それでは!

田﨑 慎也

プロギタリスト、ブロガー、ユーチューバー、ライターと様々な顔を持つバイク好き。

Kawasaki ZX-14Rに乗って走り回ることが大好きな人。バイクが大好きで趣味が高じて『バイク乗ろうぜ』というブログとYouTubeチャンネルを立ち上げる。

バイク雑誌にも出演するなど幅広く活動。バイクに乗りたいと思う人を増やしてバイクに乗るきっかけづくりをしたい。

記事一覧

関連記事