MotoGP™第13戦ヨーロッパGP/小椋藍選手が5戦ぶりに表彰台獲得。Moto3™クラスのチャンピオンシップでトップに接近

  1. ロードレース

11月8日、MotoGP™第13戦ヨーロッパGPの決勝レースがスペイン・バレンシアのサーキット・リカルド・トルモで行われました。

ヨーロッパGPは金曜日、土曜日とウエットコンディションでの走行となりました。ドライコンディションとなったのは、決勝日。ウエットコンディションで走行を続けてきたライダーたちにとって、決勝日だけドライコンディションで挑まなければならないという難しいレースとなりました。

■Moto3™クラス

小椋藍選手(Honda Team Asia)は3列目8番グリッドからスタート。1周目で6番手に浮上します。しかし2周目の4コーナーで、小椋選手の前を走っていたセレスティーノ・ビエッティ選手(SKY Racing Team VR46)とアロンソ・ロペス(Sterilgarda Max Racing Team)選手がクラッシュ。小椋選手は転倒を避け、レースを続行。

一方、4番手を走っていたアルベルト・アレナス選手(Valresa Aspar Team Moto3)のバイクの後部にロペス選手が接触し、アレナス選手の右側のペダルが壊れてしまいます。小椋選手とチャンピオンシップを争う、ランキングトップのアレナス選手は、このためにピットイン。修復後レースに復帰しますが、表彰台争いからは脱落することになりました。

レース中盤から終盤にかけて、小椋選手は4番手付近につけて周回を重ねていきます。レースをリードするのはラウール・フェルナンデス選手(Red Bull KTM Ajo)。Moto3™クラスのレースでは終盤まで長い隊列を組んで激しいポジション争いが繰り広げられ、トップも入れ替わりが激しいことが多いのですが、今回のレースでは序盤からフェルナンデス選手が独走体勢を築く展開となりました。

単独でトップを走るフェルナンデス選手の後方では、トニー・アルボリーノ選手(Rivacold Snipers Team)が2番手集団をけん引。このなかで小椋選手はセルジオ・ガルシア選手(Estrella Galicia 0,0)やダリン・ビンダー選手(CIP Green Power)とともに、ときにポジションを入れ替えつつ4番手付近をキープします。

そんななか、13周目にアレナス選手に対し、ブラックフラグが提示されます。これは、アレナス選手が周回遅れにもかかわらず、2番手集団のなかでポジション争いをするように競い合って走ったためで、アレナス選手は失格となりました。

最終ラップを迎えたとき、小椋選手は4番手。ビンダー選手は2番手集団から脱落し、アルボリーノ選手、ガルシア選手、小椋選手が表彰台争いを繰り広げます。3番手を走るガルシア選手は、最終ラップに入るメインストレートでアルボリーノ選手の前に出ると、1コーナーでオーバーテイク。ガルシア選手が2番手に浮上します。

4番手をキープしていた小椋選手は、6コーナーでアルボリーノ選手のインに入り、オーバーテイク。3番手にポジションを上げました。2番手に浮上したガルシア選手との差は少し開いており、アルボリーノ選手は小椋選手に背後にぴたりとつけています。しかし、小椋選手はアルボリーノ選手を抑えきり、3位でチェッカーを受けました。

小椋選手にとって第8戦エミリア=ロマーニャGP以来の表彰台獲得となりました。チャンピオンシップでは、ランキングトップのアレナス選手が失格により0ポイント、小椋選手は16ポイントを獲得したことから、小椋選手はアレナス選手との差を3ポイントまでに縮めました。

また、國井勇輝選手(Honda Team Asia)は、18番グリッドからスタート。レース序盤はポジションを落として22番手付近のレースとなりました。しかし中盤には18番手に浮上。ポジションをキープして周回を重ねると、終盤には17番手にポジションを上げます。そのままフィニッシュし、17位でレースを終えました。

小椋藍 選手(Honda Team Asiaプレスリリースより)
「この表彰台にはとても価値があります。シーズンの序盤から中盤まで、僕はほとんど表彰台に立っていました。ここ最近の数戦は厳しかったのですが、決してあきらめませんでした。いつもならバレンシアはあまり得意ではないのですが、表彰台を再び獲得できてうれしいです。また、チームにとってもこの表彰台は重要です。いい形で戻ってこられたと思います」

小椋選手は5戦ぶりに表彰台を獲得した

國井勇輝 選手(Honda Team Asiaプレスリリースより)
「初めてポイント獲得に近づきました! いいスタートを切ったのですが、2コーナーで誰かが僕に当たったんです。それでワイドになってしまい、かなりポジションを落としてしまいました。もう一度グループに加わろうとトライしました。ペースはあったのですが、遅すぎました。今週は違ったやり方でレースに臨み、これはうまくいったと思います。次週もここバレンシアでのレースです。予選をよくする必要がありますし、もっと戦略的に戦う準備をしたいと思います」

自己ベストリザルトまであと一歩の18位フィニッシュの國井選手

■Moto2™クラス

Moto2™クラスでは、アンディ・ファリド・イズディハール選手(IDEMITSU Honda Team Asia)が自己ベストグリッドとなる12番グリッドからスタート。ソムキアット・チャントラ選手(IDEMITSU Honda Team Asia)は後方の26番グリッドからのスタートとなりました。

4列目からスタートしたアンディ選手ですが、オープニングラップで22番手にまでポジションを落としてしまいます。一方、チャントラ選手は23番手にポジションアップ。2周目にはチャントラ選手がアンディ選手を交わし、20番手に浮上しました。

チャントラ選手はその後、さらにポジションを上げて17番手を走行していましたが、10周目に転倒を喫してリタイアとなりました。

アンディ選手は一時は16番手を走行。終盤には後退しましたが、最終的に自己ベストリザルトとなる18位でフィニッシュを果たしました。

アンディ・ファリド・イズディハール 選手(IDEMITSU Honda Team Asiaプレスリリースより)
「昨日の予選で、自分にとって最高の予選順位である12位を獲得しました。今日は、まずしっかりとスタートを決めることでしたが、経験の無い中盤の位置から初めてスタートしたこともあり、スタート後の走り方の経験をもっと積む必要を感じました。スタート後のターン1では、ポジションをキープしようとしましたが、周りを走るライダー達はとてもアグレッシブで、その中の一人と接触しました。ターン4ではハイサイドを起こしかけ、更にポジションを落としてしまい、1ラップ終了時点で8つも落とすことになりました。その後は、上位集団を捉えるべく、ペースを維持し、ポジションの維持に努めました。残り7ラップの時点で、16位でしたが、フロントタイヤのグリップが既に落ちていて、それ以降は、しっかりと完走することに切り替えました。今回のレースからも多くの事を学び、上位集団で走るためのペースが必要であることを知りました。来週のレースでもしっかりと走ります」

アンディ選手はスタートに失敗したが、18位まで挽回した

ソムキアット・チャントラ 選手(IDEMITSU Honda Team Asiaプレスリリースより)
「今日の問題の始まりは、グリッド位置にあり、それは昨日の予選結果が全てであったということです。スタートは上手く決まり、上位集団に迫るチャンスを得ました。しかし、9周目を過ぎた時、他のライダーのスリップストリームを使っていたのですが、その影響で私のフロントタイヤの温度が上がりすぎ、ターン6でスリップし、転倒してしまいました。来週は今週の反省を生かして、レースが出来るようにします」

一時は16位を走っていたチャントラ選手。惜しくも転倒リタイア

世界で戦うライダーを支える
クシタニがサポートするMoto2™、Moto3™ライダー

Moto2™クラス(チーム:IDEMITSU Honda Team Asia)
ソムキアット・チャントラ 選手/アンディ・ファリド・イズディハール 選手

Moto3™クラス(チーム:Honda Team Asia)
小椋藍 選手/國井勇輝 選手

写真:Idemitsu Honda Team Asia / Honda Team Asia

関連記事