守って動けるレーシングスペック - 新型バックプロテクター&ブレストパッド

  1. クシタニの製品は

2021年に開催されるMFJのロードレースから、欧州の安全基準を満たした「CE規格」の認証を受けたバックプロテクターおよびブレストパッドの装着が義務付けられる。

そのレギュレーションに対応し、クシタニは「ネオレーシングバックプロテクター」と「ネオレーシングブレストパッド」をリリースした。

 

 

……が、じつはクシタニは以前からCE規格のプロテクターを販売しており、それらを2021年からのMFJロードレースで使うことはもちろん可能。ならばなぜ、新規で製作したのか? それは、従来品は〝ツーリング用〞に作られた仕様だからだ。

 

プロテクターには衝撃吸収と衝撃分散の二つの性能が求められるが、じつはレースよりもツーリングや街乗りの方が、衝撃分散性能を求められる(衝突やモノの飛来など)。そして衝撃分散性能を高めるにはハードプロテクターが有利。端的に言えば〝鎧〞のように身体を守れば良い。

しかしハードプロテクターは、身体の可動域を狭くする要素もある。ツーリングなら問題なくても、激しいフィジカルアクションが必要なレースで、ライダーの動きを少しでも妨げてしまっては意味がない。動きやすさも安全性のひとつと考える、クシタニのアクティブセーフティのコンセプトにも反する。要するに、従来品のCEプロテクターは「〝規格〞はクリアしているが、レースの〝仕様〞ではない」とクシタニは判断して、新規開発に至ったのだ。

 

 

バックプロテクターは、脊椎を守る中央部に硬質樹脂と形状記憶フォームの積層構造のハードプロテクターを配置し、背中全体を守るポリウレタンのハニカムプロテクターと重ねた。そして広範囲を守るブレストパッドも、ヒジを擦るような大きくイン側に身体を入れたフォームでも圧迫や違和感のない形状を追求。

プロテクターが身体の動きを妨げないか、Moto2やMoto3をはじめクシタニがサポートするライダーの意見をフィードバックして開発された。

 

レース参戦のレギュレーションはもちろんだが、人気の高まるサーキット走行会でも防護性能と運動性能を両立するプロテクターは必須。しかもレーシングスーツでなくても装着しやすいから、ツーリングでも活用すべきアイテムと言えるだろう。

 

★レーシングスーツはもちろんジャケットでも装備可能!

ブレストパッドは下部のループと前面のベルクロのベース部に、バックプロテクターのショルダーベルト(ベルトは着脱可能)を通すことで装着位置を保持できる。一般的なジャケットや革ジャン等でも、バック&ブレストプロテクターを使用しやすい

 

CE規格はEU(加盟国の安全性能基準。MFJは2021年から、レース参戦の際にCE規格のバックプロテクターおよびブレストパッドの装備を義務付けた。クシタニの新プロテクターにもCEマークが付けられている

 

ライダースクラブ編集部

1978年から続く、バイクを趣味として楽しむ大人のための二輪総合誌。創刊から一貫してスポーツバイクの楽しみ方を探求、時代に合わせて多彩なバイクライフを提案し続けているオピニオン・マガジンです。

記事一覧

関連記事