MotoGP™第5戦フランスGP/難コンディションのレースで小椋藍選手が7位フィニッシュを果たす

  1. ロードレース

5月16日、MotoGP™第5戦フランスGPの決勝レースがル・マン-ブガッティ・サーキットで行われました。クシタニがサポートするMoto2™クラスの小椋藍選手は7位、ソムキアット・チャントラ選手は12位。Moto3™クラスのアンディ・ファリド・イズディハール選手は15位、今大会にワイルドカード参戦した松山拓磨選手は転倒リタイアでレースを終えました。松山選手は今季、FIM CEVレプソル Moto3™ジュニア世界選手権に参戦中の16歳のライダーです。また、國井勇輝選手は予選で転倒。左鎖骨を骨折し、決勝レースを欠場しています。

フランスGPは週末を通して不安定な天候が続きました。気温は低く、降っては止む雨により、路面状況もドライコンディションからウエットコンディションへと目まぐるしく変化。ライダーたちは刻々と変わる天候や路面状況への適応が求められました。

■Moto2™クラス

Moto2™クラスの決勝レースは、ドライとウエットが入り交じった路面コンディションで始まりました。小椋選手は16番手、チャントラ選手は6グリッド降格のペナルティを受けて26番手からスタート。このペナルティは、フリー走行2回目で提示されていたイエローフラッグに配慮しない走行に対して科されたものでした。

序盤、小椋選手はポジションをキープ。一方、チャントラ選手はスタートに成功して3周目までに13番手に浮上します。上位ライダーに転倒が相次ぐ中、6周目には小椋選手、チャントラ選手ともにポジションアップ。小椋選手はチャントラ選手を交わして9番手、チャントラ選手は10番手に浮上し、セカンドグループで走行を続けます。

レース中盤、小椋選手とチャントラ選手が走る集団は、トップグループからすでに10秒以上離れていました。この時点で小椋選手とチャントラ選手が狙える現実的な最上位は、6位。残り10周を切って、小椋選手はこの集団に属するマルセル・シュロッター選手(Liqui Moly Intact GP)やキャメロン・ブーヴィエ選手(American Racing)、ロレンソ・ダラ・ポルタ選手(Italtrans Racing Team)などとポジション争いを展開します。チャントラ選手もこの集団後方で周回を重ねており、10番手につけていました。

最終的に、小椋選手は7位でチェッカーを受けてポイントを獲得。チャントラ選手は26番グリッドという後方からのスタートながら、11位でフィニッシュ。しかし、最終ラップに喫したトラックリミット超過(※)のため、チェッカー後に1ポジション降格。結果は12位となりましたが、今季の自己ベストリザルトを獲得しました。

※ライダーが走行中にトラック(コース)の制限、具体的にはゼブラゾーンを超えたグリーンの部分にフロントまたはリヤタイヤが出ること。レースでは5回目でロングラップ・ペナルティの対象になる。

小椋藍 選手(IDEMITSU Honda Team Asiaプレスリリースより)
「全般的にみると、今日は良かったと思っています。私はグリッドの中段からのスタートでしたが、レースの序盤は、濡れている箇所が多く、また乾いているラインが狭く、コンディションは理想的なものではありませんでした。それらの事に気持ちが削がれてしまい、自分の走りにスピードと自信を持つのに時間がかかってしまいました。レースは、7位でのゴールになりました。先頭を走るライダー達とは、まだ少し距離がありますので、さらに改善を進めていきます。今日は、嬉しいです」

2021年第5戦フランスGPにて、セカンドグループで6番手争いを展開。7位でフィニッシュした小椋選手

セカンドグループで6番手争いを展開。7位でフィニッシュした小椋選手

ソムキアット・チャントラ 選手(IDEMITSU Honda Team Asiaプレスリリースより)
「最終的に12位でゴールし、ポイントを獲得できました。今回、少し後方のグリッドからスタートでしたので、良いスタートが切れるように心掛けました。スタートで何人かのライダーを抜き、上位グループの中で、ラップ毎に攻め続け最後までタイヤのフィーリングも良かったので、上位に残れるように走り続けました。今は自分のバイクに良いセッティングができているのでチームに感謝したいです。次はムジェロでレースです。もっともっと頑張って走ります」

ルマンサーキットでのレースで、チャントラ選手は自己ベストリザルトの12位に入った

チャントラ選手は自己ベストリザルトの12位に入った

■Moto3™クラス

決勝日午前中に行われたウオームアップセッションでは雨が降り注いでいましたが、その雨もMoto3™クラスの決勝レースが始まるころには上がりました。ただ、路面状況としては場所によって水しぶきが上がる難しいコンディションとなりました。

今大会、Honda Team Asiaからワイルドカード参戦した松山選手は、初めての世界選手権Moto3™クラス決勝レースで23番手からのスタート。アンディ選手はフリー走行3回目でのイエローフラッグに配慮しない走行に対し、6グリッド降格のペナルティを受け、最後尾28番手からスタートしました。

ウエットコンディションで始まったレースは序盤から荒れ、転倒者が続出。日本人ライダーの鈴木竜生選手(SIC58 Squadra Corse)やチャンピオンシップでトップにつけるペドロ・アコスタ選手(Red Bull KTM Ajo)など、上位を走るライダーが相次いで転倒を喫します。

4周目、松山選手もこうした路面状況の餌食となりました。一時は16番手付近を走行していた松山選手でしたが、14コーナーで転倒。松山選手は、ここでMoto3™クラス初レースを終えました。

一方、アンディ選手は19番手付近をキープしながら周回を重ねていきます。レース中盤には15番手に浮上。アンディ選手はこのポジションを争いながら、そのまま15位でフィニッシュ。自己ベストリザルトでチェッカーを受け、ポイントを獲得。これは、アンディ選手にとって、世界選手権における初めてのポイント獲得となりました。

アンディ・ファリド・イズディハール 選手(Honda Team Asiaプレスリリースより)
「世界選手権で初めてポイントを獲得できました。今週末、ずっと悩みながら走っていたので、この結果にはとてもハッピーです。2017年のCEV選手権から、去年のMoto2™のレースまで、ここル・マンでのレース結果にはいい思い出がありません。今週も、全てのセッションで転倒してしまいました。でも、最終的にレースをしっかり走り切ることに集中しました。今朝のウオームアップで、トップタイムを出せたことから、レースの準備はできていると感じました。今日、私にとって重要なことは、しっかりと作業を進め、改善してきたことの結果を見ることができたことです」

moto3クラスではアンディ選手が世界選手権で初のポイントを獲得

アンディ選手は世界選手権で初ポイントを獲得した

松山拓磨 選手(Honda Team Asiaプレスリリースより)
「最初に、今回、このような機会を与えてくれた、ホンダ・チーム・アジアに感謝したいです。多くの素晴らしいライダーと過ごした今週末、私は彼らからたくさんのことを学びました。レースでは、いいスタートを決めることができて、16番手まで順位を上げることができたのですが、転倒しリタイアとなってしまいました。コースの状況は良くなく、とてもスリッピーでした。レースを完走したかったです。でも、今回のレース参戦は、私のこの先のレースにおいて、とても貴重な経験をもたらしてくれました」

松山選手にとって初の世界選手権は、難しいコンディションでのレースとなった

松山選手にとって初の世界選手権は、難しいコンディションでのレースとなった

世界で戦うライダーを支える
クシタニがサポートするMoto2™、Moto3™ライダー

Moto2™クラス(チーム:IDEMITSU Honda Team Asia)
小椋藍 選手/ソムキアット・チャントラ 選手

Moto3™クラス(チーム:Honda Team Asia)
國井勇輝 選手/アンディ・ファリド・イズディハール 選手/松山拓磨 選手(フランスGPワイルドカード参戦)

写真:Idemitsu Honda Team Asia / Honda Team Asia

関連記事