【緊急インタビュー:小椋藍】重ねた時間と経験が導いた、オーストリアGPでのMoto2™クラス初表彰台

Moto2™クラスの表彰台に初めて立った小椋藍が、壇上で笑顔を見せたこれはストーリーの序章だ小椋が確かな足取りで進んできた道は、この先へとずっと続いていく表彰台に姿を現した小椋藍(IDEMITSU Honda Team Asia)が、チームスタッフに向かって感情を爆発させるかのようにガッツポーズを送った。そして、…