KUSHITANI INTERACTIVE
AUTHOR

KUSHITANI INTERACTIVE

静岡県浜松市にて1947年創業 KUSHITANIこと株式会社クシタニ レーシングスーツや革製品をはじめ、オートバイライダーのために開発してきたラインアップはバイク用品に留まらず、現在は革小物の生産や本格派カフェの運営等も行い広くバイクのある生活を提案している。

  • 2022年7月1日

テネレ700 と1290SUPER ADVENTUREで、太陽を追う旅~SSTR~

午前3時、太陽は見えない。 街に灯りがともり始めるころ、東の海に昇る朝日を迎えるべく、待ち合わせ場所の静岡県の御前崎へと出発する。今回の最終目的は石川県の千里浜で沈む夕日を見送ること。太陽を追いかけて日本列島を横断するのだ。 まだ見えない太陽に思いを […]

  • 2022年6月29日

ライテクをマナボウ ♯13 ギクシャクしないスムーズな発進|KUSHITANI RIDING METHOD

免許を取って乗っているワケだから、当然ながら普通に発進できる……けれど、じつは内心「エンストするんじゃないか」と、発進のたびにドキドキしているのは内緒。アクセルもクラッチも慎重に操作しているのに、この得も言われぬ不安感、何とかなりませんか? 足の着き […]

  • 2022年6月15日

ライテクをマナボウ ♯11 実はニュートラルの簡単な出し方がある|KUSHITANI RIDING METHOD

赤信号で止まってニュートラルを出そうとしたら、通り過ぎて2速に入ってしまった。慌ててシフトペダルを踏み下げたら、今度は1速へ。そして1速と2速を行ったり来たりしている間に信号が青に変わる……。この無益な時間は何だったの? ニュートラルって、もっと簡単 […]

  • 2022年6月8日

ライテクをマナボウ ♯10 リヤブレーキ、使ってますか?|KUSHITANI RIDING METHOD

いまどきのバイクのフロントブレーキは超強力! だからリヤブレーキなんて使わなくても、充分に減速したり止まることができる。それに大きな声では言えないけれど、じつはリヤブレーキを上手く使う自信がない……。それでもリヤブレーキは使った方が良いんですか? リ […]

  • 2022年6月1日

ライテクをマナボウ ♯09 クラッチ&ブレーキレバーのストロークを知る|KUSHITANI RIDING METHOD

レバーを握ればブレーキが利き、レバーを離せばクラッチが繋がる。この操作をすれば走ったり止まることはできるけれど、どうも上手く操っている気がしない……。思い通りに止まったり、スムーズに発進するには「レバーのストロークの役目」を把握するのが先決だ! ブレ […]

  • 2022年5月25日

ライテクをマナボウ ♯08 ブレーキやクラッチが操作しやすい レバー位置の調整|KUSHITANI RIDING METHOD

クルマはシートの前後位置や背もたれの角度を調整して乗りやすい姿勢を取れるけれど、バイクはライダーの方が頑張って合わせるしかない……ワケではない。じつはブレーキ/クラッチレバーの位置を調整するだけで、フォームや乗りやすさ、コントロール性まで大きく変わる […]

  • 2022年5月18日

ライテクをマナボウ ♯07 基本フォームとニーグリップ|KUSHITANI RIDING METHOD

街中やツーリング先で、いまひとつイケてないフォームのライダーを目にすることがある。……でも、自分はどんなフォームで乗っているんだろう? もし「あんな感じ」だったどうしよう……(汗)。自分のフォームは自分では見えない。さあ、どうする!? カッコ悪く見え […]

  • 2022年5月11日

ライテクをマナボウ ♯06 ハンドルグリップの握り方|KUSHITANI RIDING METHOD

ツーリングである程度の時間や距離を走ると、手や腕、肩が痛くなるけれど「バイクはそういうモノ」と我慢して(頑張って)乗っているライダーは多い。とはいえこのツラさ、何とかならないのか? じつはハンドルグリップの握り方を工夫するだけで、かなり改善できるんで […]

  • 2022年5月4日

ライテクをマナボウ ♯05 バイクウエアで乗ろう!|KUSHITANI RIDING METHOD

バイクは自由な乗り物だし、ファッションだって好きなモノを選びたい。その気持ちは十分にわかるけれど、バイクに乗るなら、やはり「バイク専用ウエア」の着用をオススメしたい。運動性と快適性がライディングの楽しさを倍増! そしてバイクに長く乗り続けるためにも、 […]