KUSHITANI K-2837 ANIFESU JACKET

Placeholder image
Placeholder image
Placeholder image
Placeholder image

¥41,800(本体価格 ¥38,000)

アーバンカジュアルなデザインのスマートなウインタージャケット。気室の仕切りを生地の織で形成する仕様で防寒性を高めています。強度の必要な下袖、身頃脇はナイロン素材に切り替えることで耐久性を向上させています。中綿には軽く保温性の高いダウンライクを使用。

●素材:〈表〉ポリエステル100%、別布/ナイロン98%,ポリウレタン2%〈中綿〉ポリエステル100%(シンサレート™フェザーレス)〈裏〉ナイロン100%、フード裏/綿100%
●カラー:①ブラックアウト②ベージュ
●サイズ:M、L、LL、XL

●MATERIALS:〈OUTER〉POLYESTER100%〈ATTACHED PANEL〉NYLON98%,POLYURETHANE2%〈INSULATOR〉POLYESTER 100%〈INNER〉NYLON100%〈HOODLINING〉COTTON100%
●COLORS:①BLACKOUT②BEIGE
●JAPANESE SIZES:M,L,LL,XL

*走行中は、フードをタブに止めて着用してください。
*掲載画像はサンプルのため、実際の商品と色味や仕様が異なる場合がございます。

生地表面に撥水加工を施しています。革素材にはフッ素を浸透させています。 ジャケットの内部から汗などの水蒸気を通過させます。 生地裏面に加工を施し、
防風性があります。 車やバイクのヘッドライトに反射し光り、夜間の視認性を助けます。 機能素材が気になる
臭いを抑えます。 ジャケットの裾にゴムシャーリングのガードを。冷たい風の侵入を阻みます。釦を外して、風を入れることも。 ライディング時、空気抵抗による気になるバタつきを防ぎます。見た目もスッキリします。 ジャケットの内側に
ポケットが付いています。 別売りの
ブレストパッド(K-4395)
コロイドブレストパッド(K-4409)
ネオレーシングブレストパッド(K-4452)を装着できます。 別売りのジャケット用
肩・肘ソフトパッド(K-4360)を装着できます。 別売りのジャケット用脊髄ソフトパッド(K-4361)
を装着できます。 別売りのジャケット用
脊髄CEプロテクター(K-4363)を装着できます。 別売りのジャケット用
肩・肘エアーCEプロテクター(K-4464)を装着できます。 別売りのジャケット用
肩・肘ThinCEプロテクター
(K-4604)を装着できます。 ミッドレイヤーをプラスして防風・防寒
ジャケットとしても使用できるシステム。両袖口と襟後部でコネクトできます。

商品をカートに入れるとKUSHITANI ONLINE STOREへ移動します。通販に関するお問い合わせはオンラインストアのお問い合わせフォームをご利用ください。お買い物ガイドはこちら


 SIZE IMAGE|サイズイメージ


Placeholder image
170cm 60kg のスタッフがLサイズを着用






KUSHITANI PROTECTOR
ライダーの用途に合わせてプロテクターをカスタムすることが可能です。より手軽にウェアを着用したい時や荷物の多い時には軽さを重視したソフトベンチレーションパッドをご使用ください。厚みを最小限に抑えることで着ぶくれを軽減し、また通気性を高めます。安全性を重視したCEプロテクターは、高い衝撃性とフィット感を両立させました。スポーツツーリングやロングツーリングまで幅広い用途にお使いください。

仕様
K-4362 CE LEVEL2 プロテクター(別売)/K-4464 エアーCEプロテクター(肩・肘)(別売)/K-4360 ソフトベンチレーションパッド(別売)
K-4362 CE LEVEL2 プロテクター(別売)/K-4464 エアーCEプロテクター(肩・肘)(別売)/K-4360 ソフトベンチレーションパッド(別売)
背中 K-4363 CEプロテクター(別売)/ K-4361 ソフトベンチレーションパッド(別売)
K-4452 ネオレーシングブレストパッド(別売)/ K-4395 ブレストパッド(別売)



Placeholder image

ネオレーシングブレストパッドを装着可能

Placeholder image

ブレストパッドを装着可能

Placeholder image

強度の必要な部分をナイロン素材に切り替え耐久性を向上

Placeholder image

身幅の調整が可能

Placeholder image

安心のファスナー付きポケット

Placeholder image

気室の仕切りを生地の織で形成するため、保温性が高く綿の抜けを防止

Placeholder image

前傾しても生地が寄らない前立て構造

Placeholder image

金属プレートのワッペンとコーデュロイフラップを採用

Placeholder image

フードを留めるとバタつき防止に

Placeholder image

フードを絞ることも可能

Placeholder image

風の侵入を防ぐストームガードを装備