ライテクをマナボウ ♯10 リヤブレーキ、使ってますか?|KUSHITANI RIDING METHOD

いまどきのバイクのフロントブレーキは超強力! だからリヤブレーキなんて使わなくても、充分に減速したり止まることができる。それに大きな声では言えないけれど、じつはリヤブレーキを上手く使う自信がない……。それでもリヤブレーキは使った方が良いんですか?

リヤブレーキを使った方が、絶対におトク!

近年の強力なフロントブレーキは、むしろ効きすぎて困るくらい良く効くので、リヤブレーキの必要性を感じない。また近年のバイクはABSが装着されているため後輪がロックすることはほとんどない(ABSが介入することはある)が、少し前のバイクだとリヤブレーキは後輪がロックしやすいイメージを持つライダーもいるだろう。

実際に昔のバイクの中には、後輪がロックしやすい車種があったのも事実。だから、なんとなくリヤブレーキに苦手意識があり、かつフロントブレーキだけで減速・停止できるので「リヤブレーキは使わない」というライダーは少なくない。でも、本当に必要無いのだろうか?

小川勤|TSUTOMU OGAWA
小川勤|TSUTOMU OGAWA

バイク専門誌に25年ほど携わり、10年ほど編集長を経験。その間、国内外の様々なバイクに試乗。2022年よりフリーランスのジャーナリストに(身長165cm)。

じつはいまどきのスポーツバイクのリヤブレーキは、減速したり止まるためというより、バイクの「姿勢」をコントロールするために装備されている、といって良いだろう。とくにスーパースポーツ系のバイクほど、その傾向が強い。

減速や停止する時にフロントブレーキをかけると、バイクの姿勢が前下がり(前のめり)になる。これに不安に感じ、強くブレーキをかけられずエンジンブレーキに頼るライダーもいるはず。しかし、リヤブレーキを使うと、バイクの構造として車体の後部が路面側に沈む作用があるため、フロントフォークが大きく沈んだ前下がり(前のめり)の姿勢にならないというメリットがある。

リヤブレーキを使うことで、減速時に前下がり(前のめり)の不安がなくなるのは嬉しい。その不安がなくなった分、きちんとフロントブレーキをかけられるようになるので、結果として強いブレーキングができるようになる(制動距離も短くなる)。また、少し専門的なところではカーブを上手く曲がるための車体姿勢を作るのにもリヤブレーキが必須なのだ。

ちなみに最近のバイクはABS(または前後連動ブレーキ)の装備が義務化されているため、おおむね250クラス以上のバイクなら、リヤブレーキで後輪がロックする心配はまず無い。最新のコーナリングABSやレースABSが装備されていれば、カーブで車体がバンクしている最中でも大丈夫なので、積極的にリヤブレーキを使ってみよう。

リヤブレーキを使わないと前下がりになって不安定
リアブレーキを使った場合と使わなかった場合の比較

どちらも40km/hからブレーキをかけて、停止する寸前のフロントフォークがもっとも縮んだ状態を撮影したところ。よく見るとリヤブレーキを使っている方(右側)が、わずかだが後輪とテールカウルの隙間が狭く、フロントだけでなく車体の後部も沈んでいるのがわかる。速度が低いので大きな差は無いが、リヤブレーキを使う方が制動距離も短い。

「支点」を作ればリヤブレーキは簡単!

「リヤブレーキを使った方が良い」といわれても、上手くコントロールする自信がないと躊躇してしまう。足で操作するため、手のように繊細にコントロールできず、苦手意識を持つこともあるだろう。

そんな上手くできない最大の原因は、きちんと「支点」が作れていないこと。たとえばクルマのブレーキも、床に着けたカカトが支点になっているので踏む強さをコントロールできるが、床からカカトを浮かせたら、どうにも上手く踏むことができないはず(危険なので試さない方が良いが)。

ステップにしっかりと足裏(土踏まず)を載せて、そこを支点(軸)にして円運動でペダルを踏むのが基本。それは多くのライダーがわかっているし、実践しているつもりだが、それでもうまくコントロールできないのは、ツマ先でブレーキペダルを踏んだ反力で、ステップから足裏が浮き気味になって、支点が無くなっているからだ。

そこでオススメしたいのが、ブレーキペダルと一緒にステップも踏み込む方法。これだと足裏が浮かないのできちんと支点ができる。さらにステップにカカトを載せて、ブレーキペダルと一緒に踏む方法も試してみよう。この「ステップも一緒に踏む」を続けていると、自然とリヤブレーキ操作に慣れて行き、気が付くときちんと円運動になっているパターンも多い。

もうひとつ、リヤブレーキを上手くかけるコツとして、事前にブレーキペダルの遊びをキャンセルしてから踏み込むことが大切。これは『♯09 クラッチ&ブレーキレバーのストロークを知る』で解説したフロントブレーキのレバー操作と同じで、ペダルの遊びごと一気に踏み込んでしまうと、ブレーキが効き始めるタイミングがわかりにくかったり、丁寧に操作しているつもりなのに急にガクッと効いてしまうからだ。

それとリヤブレーキをかけるタイミングは、フロントブレーキと同時か、フロントよりわずかに早くかけ始めよう。リヤブレーキはバイクの構造的に車体の後部を沈める作用があるとはいえ、フロントブレーキだけかけてフロントフォークが大きく沈んだ前下がり(前のめり)の姿勢になった後にリヤブレーキをかけても効果を望めないし、ともすればABS非装備のバイクだと後輪がロックする危険もあるからだ。

支点を作って円運動で踏むのが理想的だが……
バイクの正しいステップの踏み方

ステップに載せた土踏まずの部分を支点(軸)にして、ブレーキペダルの遊びが無くなるところまであらかじめ軽く踏んでおき(遊びをキャンセル)、そこから円運動で踏み込むのが理想。……ただし、慣れないと足裏がステップから浮きやすいのが難点。

ステップから土踏まずが浮くとコントロール性が落ちる
ブレーキペダルを上手に操作するコツ

円運動しているつもりでも、ツマ先ばかりに力を入れてブレーキペダルを踏み下げると、反力で足裏がステップから浮き気味になる。すると支点が無くなってしまうため、ブレーキペダルを踏む力のコントロールが困難になる。

ステップも一緒に踏み込むと、きちんと支点ができる
バイクのブレーキペダルを上手にコントロールするには足の置き方が大事

足裏全体でステップとブレーキペダルを一緒に踏み込んでみよう。こうするとステップから足裏が浮くことなく、支点を作った状態でブレーキペダルが踏めるので、力の強さをコントロールしやすい。

ステップにカカトを載せるのもオススメ!
ステップに踵をのせてもOK

ステップにカカトを載せた状態で、ステップとブレーキペダルを一緒に踏み込む。ブレーキペダルをツマ先では無く足指の付け根で踏むので、確実に入力できる。足が小さい女性にもおススメだ。

様々なシーンで使えるリヤブレーキ

リアブレーキを使えば、タンデム走行でヘルメットをぶつけることが無くなるかも

「リヤブレーキで車体の姿勢をコントロール」と聞くと、難しく感じるかもしれないが、単純にフロントブレーキを使いにくいシーンで活用できる、と考えればお得感があるだろう。

たとえば狭い路地などを低速で走行している時は、フロントブレーキだとギクシャクしがちだが、そんな時はリヤブレーキで速度調整すれば良いし、渋滞した道路での減速にも便利だ。

またダート(未舗装路)でフロントブレーキをかけるとハンドルを取られて転倒する危険もあるが、そんな場合もリヤブレーキで減速。オンロードスポーツ車で道路工事など予期せずに未舗装路に遭遇した時には、絶対にリヤブレーキを使った方が安全だ。

他にもタンデム走行時に、減速するたびに「ヘルメットがゴツン」を経験した方もいると思うが、スロットルを戻したりフロントブレーキをかける前にリヤブレーキをかけると、パッセンジャーの身体の揺れを抑えることができ、お互い快適になる。

このようにリヤブレーキは様々なシーンで活用できるので、不安なく使えるように上手な踏み方をマスターしよう!

次回予告 ♯11 実はニュートラルの簡単な出し方がある

最新情報をチェックしよう!