ライテクをマナボウ ♯07 基本フォームとニーグリップ|KUSHITANI RIDING METHOD

街中やツーリング先で、いまひとつイケてないフォームのライダーを目にすることがある。……でも、自分はどんなフォームで乗っているんだろう? もし「あんな感じ」だったどうしよう……(汗)。自分のフォームは自分では見えない。さあ、どうする!?

カッコ悪く見えるのには理由がある

そもそもライディングフォームに、「カッコいいorカッコ悪い」の明確な基準があるワケではない。しかし他人のフォームを見て、なんとなくカッコ悪く感じることはある。それはバイクとライダーの一体感が希薄だったり、ライダーの緊張感や自信の無さが微妙に伝わってくるからかも……。

小川勤|TSUTOMU OGAWA
小川勤|TSUTOMU OGAWA

バイク専門誌に25年ほど携わり、10年ほど編集長を経験。その間、国内外の様々なバイクに試乗。2022年よりフリーランスのジャーナリストに(身長165cm)。

じつは、その感覚はけっこう正解。バイクはライダーの重心移動によって曲がる乗り物なので、身体に力が入っているとスムーズに曲がらないし、腕でハンドルを突っ張っているのもNG。なのでカッコ悪く見えるフォームは、バイクが持つ曲がる性能を邪魔するフォーム、ともいえるのだ。

前乗りで背中が反るとカッコ悪いかも……
かっこ悪いバイクのライディングフォームはこれ!あなたは大丈夫?

シートの前側に座って腕が伸び、背中が反ってアゴが上がっているフォームはけっこう多い。前乗りは身体が車体の重心に近く、ハンドルも近くなるのである意味で安心感はあるが、このフォームだとハンドルを押さえてしまう上に、上半身に力が入っているので重心移動による曲がるキッカケを作りにくい。いまひとつカッコ悪い……というだけでなく、結果としてコントロール感に乏しいフォームといえる。

カッコいいフォームのメリットは? 作り方は?

スピードの低い街中でも、カッコ良いな~と感じるフォームで走っている人がいる。こちらは自然体で無理がなく、バイクとの一体感が高くて「操ってる感」が伝わってくるからだろうか。

じつはその感覚も正解! ハンドルにしがみついたりせずに下半身で身体を支え、常に上半身をリラックスさせているので自然体に見える。バイクは自分の身体の中で重心を移動させてコントロールするので、余計な力を入れずに一体感を高めることが大切だからだ。もちろんカッコいいだけでなく、バイクの曲がる性能を邪魔しないので毎回同じように曲がれ、長時間走っても疲れないのも大きなメリット。

まずはシートの後ろ寄りに座って、みぞおち辺りを引っ込めたフォームを取ってみよう。ヒジが少し曲がるくらい腕の力を抜き、上目使いでアゴを引く。自分で自分のフォームは見えないけれど、ここを意識するだけでも、かなりカッコいいフォームになるハズだ。

上手い人に見えるカッコいいフォーム!
かっこいいバイクのライディングフォームはこちら

シートの後ろ寄りに座り、ヒジが少し曲がるくらい余裕を持たせて、軽く前傾姿勢をとる。背筋が伸びないように、みぞおち辺りを引っ込めて(おヘソが内側から後ろに引っ張られるイメージ)、腰と背骨がつながるあたりを丸めた「猫背」になるように意識する。

シートの後ろに座るのが秘訣!
かっこいいライディングフォームのポイントは、シートの後方に座ること!

燃料タンクの後端からコブシひとつ分(約5〜10cm)開けてシートの後ろ寄りに座る。信号などで停車する際は足着きのためにシートの前側に座るのは問題無いが、走り出したら忘れずに後方に座り直そう。体格が小柄な人は無理して後ろに座らなくて良いが、みぞおち辺りを引っ込めて自然な猫背になって、背中が反らないように意識しよう。

ニーグリップと下半身ホールドって、何が違う? それとも同じこと??

バイクと一体感を高めるにはニーグリップが重要、と考える人は多いし、教習所でも教わったはず。もちろん間違いではないが、ニー(ヒザ)にギュッと力を入れてタンクを挟み込む必要はない。力を入れない自然なニーグリップで、下半身全体でバイクと一体化して身体を支える「下半身ホールド」を意識した方が良いだろう。

じつは「自然なニーグリップ」は意外と簡単。ステップへの足の載せ方を気を付け、後はみぞおちを引っ込めてシートの後ろ寄りに座るだけ。足やヒザに力を入れなくても、自然にヒザが閉じてバイクとの一体感が高まるので、ぜひ試してもらいたい。

ヒザに力を入れずに下半身でホールド
ニーグリップと下半身ホールドの違い

ニーグリップを意識するあまり、ヒザでギュッと燃料タンクを強く挟み込むと、かえって太ももの内側がシートの座面から浮き上がり、バイクとの一体感を損なう場合がある。なので、下半身全体(足の内側)を車体に密着させて身体(上半身)を支えるのが得策。

内くるぶしを車体に密着させて、つま先を真っすぐ前に向ける
バイクに跨ったら、つま先の向く方向を意識しよう

内くるぶしをステップのプレートやフレームなど車体に密着させ、つま先を真っすぐ前に向ける。その状態でみぞおち辺りを引っ込めてシートの後ろ寄りに座ると、自然なニーグリップで下半身ホールドができる。

つま先を閉じれば、ヒザも自然に閉じる
つま先の向きを意識するだけで、劇的にライディングフォームは変わる

試しに真っすぐ立って、つま先を開いた状態から腰を下げていくと(シートに座るイメージ)、ヒザが開いたガニ股のままだが、つま先を閉じた状態で腰を下げていくと、意識しなくても自動的にヒザが閉じていく。この「人間の身体の構造」を利用すると、自然なニーグリップが可能になる。

視線、腕の力、座る位置をセルフチェック!

ここまで解説してきたように注意すべきポイントはいくつかあるが、カッコいいフォームを作るのは、じつはそんなに難しくない。ただし疲れたり緊張するとフォームが崩れがちになるので「維持すること」が大切。……とはいえ自分で自分のフォームは見えない。そこで走行中に行えるセルフチェック方法を紹介。

じつはベテランライダーほど頻繁にチェックしているので、ここがカッコいいフォームを作るための最大のコツといえそうだ。

視線が近くなると、アゴが上がるので要注意!
バイクに乗るときの頭の位置、こちらはNGな例

緊張すると無意識のうちに視線が近くなる。すると不思議なことに胸を突き出すように上半身が起きて、アゴが上がる。これが気づかないうちに背中が反ったフォームになっているパターンだ。

視線のチェック
ライディング時の正しい頭の傾け方と視線

ヘルメットの開口部の上のフチをかすめるように上目使いで前を見ると、自然とアゴを引いたフォームになって、視線も遠くすることができる。

腕のチェック
グリップを握る腕に力を入れないのがポイント

少しでも疲れてくると、腕でハンドルを突っ張って上半身を支えてしまいがち。これをやるとかえって腕や肩が痛くなって疲労も増すので、腕の力を抜くことを意識。安全に気をつけながら、脇をパタパタと開いたり閉じたりしながらヒジを少し下げると、腕の力が抜ける。高速道路や幹線道路の巡航中は、10分に1度くらいの頻度でチェックするのがオススメだ。

着座位置のチェック
ライディング姿勢に自信が無いなら、これらのポイントをチェックしよう!

カッコいいフォーム作りの基本は「後乗り」。やっているつもりでも、信号などで停車した後は前乗りになっているので、動き出したら忘れずに、すかさず後ろに座り直そう!

次回予告 ♯08 ブレーキやクラッチが操作しやすい、レバー位置の調整

最新情報をチェックしよう!