ライテクをマナボウ ♯02 跨る時に足が上がらない|KUSHITANI RIDING METHOD

いまどきのバイクはシートカウルの位置がかなり高い。跨る時に蹴ってしまいそうだから気をつけて見ているけれど、そもそも足が高く上がらなくて相当キツい……。股関節が痛くても、足がツリそうになっても頑張るしかないのか? そんなコトはありません!

つま先を見ないのが最大のコツ!?

走り始めたら快適だけど、それ以前の「乗り降りが面倒(不安)」というライダー、意外と多いようだ。とくにいまどきのスポーツバイクはテールカウル(リヤシート)がツンッと後方に跳ね上がった車種も多く、乗り降りに気をつけないとシューズで蹴飛ばして傷つけてしまうこともある。
そもそも足を高く上げるのが大変だし、蹴らないように乗り降りのたびに気を遣うのも疲れる。それが億劫になって、ツーリング先でもなるべく止まらずに走り続けてしまう……。それでは楽しみも半減だ。

というわけで、今回は「簡単なバイクの跨り方」を紹介。「いや、そこまでビギナーじゃないよ」という声も聞こえそうだが、試してもらえば納得してもらえる……と思う。

小川勤|TSUTOMU OGAWA
小川勤|TSUTOMU OGAWA

バイク専門誌に25年ほど携わり、10年ほど編集長を経験。その間、国内外の様々なバイクに試乗。2022年よりフリーランスのジャーナリストに(身長165cm)。

まず、テールカウルを蹴ってしまわないように右足のつま先を見ているライダーが多いと思うが、じつはこれこそが足が高く上がらない最大の原因! つま先を見るために後方に振り返ると、自動的に上半身が起きるうえに身体の前面が車体側を向くため、股関節を横方向にかなり大きく開かないとシートを跨ぐことができない。しかしこの動作は、相当に身体が柔軟な人でないと厳しいのだ。

そこでつま先を見ずに、メーターに顔をくっつけるイメージで頭を下げ、上半身を伏せた態勢をとってみよう。こうすると股を大きく開かなくても、左足を後方に振り上げるだけで高く上がって、簡単に跨ぐことができるのだ。身体の硬い人なら「いままでの苦労は何だったんだ!?」というほど違うので、ぜひ試してほしい。

つま先を見ていると足が上がらない
跨るときにバイクを蹴ってしまう人の原因はこれ

つま先を見ようとすると上半身が起きるため、股関節を横方向に大きく開かないとシートを跨げない。現実的にはバレエや体操選手並みの柔軟性が無いと厳しい。

頭をできるだけ下げる
バイクに跨るのに柔軟性は必要ない。頭を下げればOK

上半身をベッタリ伏せて、頭を低く下げるのがコツ。ネイキッド車ならメーターに顔が付くくらい、スーパースポーツ車ならカウリングに頭を突っ込むくらいのイメージで、大袈裟なくらい伏せてみよう。

つま先を見ないと、足が高く上がる
ほんの少しのテクニックで、面白いほど楽に足が上がる

頭を低く下げて上半身を伏せ、つま先を見ないようにすると、左足を後方に振り上げるだけで簡単にシートを跨げる。股関節を大きく開かなくて良いので、身体が硬い人でも大丈夫だ。

使えるモノは何でも使おう!

「つま先を見ずに伏せる」が最大のコツ。とはいえタンデムシートやリヤキャリアに荷物を積んでいる場合などはやっぱり跨るのが大変。そんな時は左側のステップの上に立って跨るのもアリだ。車体が前後に動いてサイドスタンドが上がってしまったら一大事なので、ブレーキレバーを握っているか、エンジンがかかっていないならギヤを1速に入れておくことを忘れずに。
ただし、現行バイクならまず問題ないが、旧車(とくに欧州車)はサイドスタンドの強度が弱い場合もあるので、車種によってはやらない方が無難だ。

そしてもっとも確実なのが、歩道や縁石などの「段差」を利用すること。必ずしも段差の横に駐車できるとは限らないが、近くに段差があるならそこまで押していく労力を惜しまないのもひとつの手段だ。

ステップに立って跨る
ステップに片足をかけて跨る方法もあるが、全てのバイクにおすすめできるわけではない

サイドスタンドを立てた状態で、ステップの上に立って跨れば、さらに簡単。フロントブレーキをかけたり、エンジンがかかっていなければギヤを1速に入れて、車体が前後に動かない状態でやれば安心だ。

段差を利用して跨る
バイクに跨るときに安定しないなら、段差を使うのだって1つの手!

歩道の縁石などの高さを利用すれば乗り降りがラク。駐車する際に段差の横に停められればラッキーだ。

降りる前の体勢が大切!

端的に言えば「跨る時の逆」でやればOKだが、意識すべきは降りる前の体勢。サイドスタンドで支えていれば車体が傾いているので安心感はあるが、まずはいったん右足をステップに載せて左側に腰を大きくズラし、左足をベッタリ着いて身体をしっかり支える。この体勢から降りれば、フラついたり足が滑って「降りゴケ」する危険を大幅に抑えられる。

左足で身体をしっかり支えて降りる
バイクを降りるときはサイドスタンドを立ててからがおすすめ

サイドスタンドで車体を支えた状態で、右足はステップに載せ、左側に腰を大きくズラして左足をベッタリ着く。この体勢を作ってから、頭を下げて上半身を伏せ、跨る時と逆の手順で降りれば良い。

次回予告 ♯03 停車中が不安…。でも、足着き性は解消できる!

最新情報をチェックしよう!